部屋をみまわして書き出しタイム

片づけのリズムで書いたように、

しばらくはあまり大がかりなことをせず、

気になるところをちょこちょこ片づけたり

ちょこちょこ掃除したりすることにした。

 

その場合、やりたいけれど

いまは見送るということが生じてきて

そのままだと若干気になるので、

気がついたことは書き出すことにした。

 

そんなときにも役に立つのが表ソフト。

 

もともとサイコロ家事

二十面体用につくったページが

結局「やりたいことでやってないこと」を

書き出すページになっている。

 

ここに並んでいるものは

やるタイミングも関わってくるので

サイコロを振ってやることは

ほとんどないのだけれど、

せっかく項目が並んでいるので

そこに書きたしていくことにした。

 

「願いごと手帖」について考え込んでいるとき

に思ったのだけれど、

やっぱり願いごと手帖のほうは、

なんらかの運とかひらめきとかご縁とか、

自力以外のものが関わる場合を

書いたほうがいいのかもしれない。

たとえささやかな日常的な願いだとしても。

 

たとえば今回

「わが家の不燃ゴミ置き場がいい感じで落ち着く。」

という願いごとを書いた。

 

今年の春からの部屋のレイアウト替えにより

不燃ゴミ置き場を変えたのだけれど、

見た目にはよくなったが、いまひとつ使いづらい。

 

で、何かいい方法はないか考えているのだけれど、

なかなか思いつかない。

 

こういうのは願いごととして書いておくと、

いい方法をある日思いつくかもしれないし、

たまたまネットか何かで

いい方法を見かけるかもしれない。

 

一方、自炊待ちの本を全部自炊して

本棚がすっきりまとまってほしいという願いは

もうあとはやればいいだけのところにきているので、

こういうものはやればいいわけなのだ。

 

もっとも、そういう場合でも、

自分がなかなか動けないときには

願いごととして手帖に書けばいいかな、と思う。

 

なので「あとはやるだけ」というものは、

パソコンに書き込むことにした。

 

というか、書きたそうとしたら

すでに同じことが書いてあったりして、

前から気になってたのに

結局やってないんだ私。

 

そんなこんなで、

この表を整理することになっている現状。