<< 『「願いごと手帖」のつくり方』 | main | 歯列矯正の決断 >>
シンプルな白いノート

というわけで、願いごと手帖のためのノートをさがすことにした。
このノート選びはとても大事だそう。
うん、大事だという気がする。

一応、『「願いごと手帖」のつくり方』の本を買った日の帰りに、
お店の文具コーナーでノートを見るには見てみた。
すぐに始めたかったので。
でも、気に入ったものは見つけられず、そのまま帰宅。
うちにあったメモ帳に練習がてら“願いごと”を書きつつ、
インターネットでノートを検索。

欲しいノートのイメージはあった。
A5サイズで、リングではなく閉じてあるもの。
表紙は白で、できるだけ文字やマークがない
シンプルなデザインのもの。
できれば汚れにくい加工がしてあるもの。
ノートというより、スケジュール帳や日記のイメージ。

そして、まさにこれにぴったりのノートを発見。
ミドリMDノートのA5サイズ横罫。

世の中にこんなシンプルなノートがあったんだなぁ〜!

Amazonで見つけたのだけれど、
すぐには買わず、少し考えることにした。
画面上の写真では質感まではわからない。
検索をしてみると、
実際に購入した人の感想も読むことができて、
なかなかよさそう。
ノートなのにパラフィン紙がついているというのが新鮮。
昔の本のイメージ。
なるほどそれで写真でみると
表面がシャカシャカしているのだな。

でも、パラフィン紙は弱いんじゃないかなぁ・・・
長く使いたいのだけれどなぁ・・・
と思いきや、別売りでビニールのカバーもあるそう。
すばらしい。これで決まりではなかろうか。

がしかし、本物は意外とチープかもしれない。
このまま実物を見ずに買うのは冒険かもしれない。
調べていくうちに
渋谷のロフトで売っていることがわかったので、
何日か迷ったあと見に行ってみた。
ほぼ想像通りの質感だったけれど、
見本として置かれているカバーなしのノートがヨレヨレで、
なんだかかわいそうなことになっている。
長く使うとこうなるのかな・・・・・・

でも、お店の見本は、ものすごくたくさんの人が
毎日毎日ぺらぺらめくっているだろうから、
カバーをかけて大切に扱えば、
時間がたってもこうはならないのではなかろうか。

他のノートもひととおりながめてみたが、
やはりこんなにシンプルなノートはほかにない。
よし、MDノートにしよう。

ところが、お店に置いてあったのは
新書サイズと文庫サイズだけで、
私の希望のA5サイズは在庫がないそう。
ううむ。新書サイズで手を打とうか。どうしようか。

ここまでこだわったのだから
妥協はしないでがんばろうと思いなおし、
ロフトでは買わず、うちに帰ってからAmazonで注文した。
カバーも一緒に。
送料がかかるけど、それでもいいのだ。
私はこのノートが欲しいのだ。

1冊のノートにこんなにエネルギーをかけたのは初めて。

そして、きのうMDノートが到着。

美しいですぅ!
さっそく願いごと書きまくってます〜!

 2008.09.05 Friday 08:21 願いごと手帖 permalink