早起き対策のその後

7時起きの習慣づけ
その後も続けられている。

二度寝した日やぐずぐずした日は
何度かあったけれど、
とりあえず1ヶ月は続けることができた。

とにかく言えることは、
寝つきがよくなったこと。

以前のように、
布団のなかで悶々とすることがなくなった。

結局、おそくまで寝ていたあのころ、
寝過ぎだったのだと思う。

起きるときに
「よく寝たなー、もう起きていいなー」
という充足感はあったけれど。

それが「よく寝た」証のように思っていたが
寝つきがわるくて眠りの質もよくないから
布団の中にいる時間が
長くなっていたのではないかと思う。

ようやく7時に起きられるようになってきたので、
今度は7時にすっきり目覚めるようになりたい。

いまは起きるときに多少しんどくても
「起きるときに人はしんどいものなのだ!」
と自分に言いきかせて起きあがっている。

眠いというよりだるかったり、
からだがこわばっていたりする。

そういえば寝る時間の設定の話
90分のリズムのことを書いたけれど、
考えてみれば
45分がちょうどまんなかということも
ないのかもしれない。

で、ノンレム睡眠やレム睡眠のことを
調べたりしたけれど、
そういうことを知りたいのなら
睡眠アプリなりガジェットなりを
使ったほうがよいのだろう。

しかし、スマホさえ持っていない私は
どうするよという話がある。

また、ガジェットに使うお金があれば
ほかにまわしたいし。

しばらく自分を観察しながら
よさそうな道をさがしていくことにしよう。