睡眠リズムと起床時間の設定

これまで何度も挑戦して
どうしてもうまくいかなかった早起き対策が、
ようやくうまくいっているきょうこのごろ。

早起きといっても朝7時でいい。
とにかく毎朝同じ時間に
起きるということをしたかった。

で、ようやく願いがかないそうなのだけれど、
ふりかえってみて思うに、
自分にとってのポイントは次の4点だった。

1.初期の強いモチベーション
2.睡眠リズムと起きる時間の設定
3.朝の光(光時計を購入)
4.就寝時間を早める

このうち、1、3、4については前回書いたので、
今回は2について書いてみたい。

早起き対策では、本を2冊買ったり、
ネットで得た情報などを参考にして
よいと思われることをあれこれやったけれど、
あまり効果を感じられなかった。

以前、早起き計画をやったときには、
無理のなさそうなところで8時45分から始めて、
本を参考にして1週間に15分ずつ
早めていこうとしていた。

用事があって早めに起きる日があっても、
それはそれでOKということで。

まずは8時45分を1週間。これはクリア。
そして、8時30分を1週間。これもクリア。
8時15分を1週間もクリア。

お、これはいい感じだぞと思ったのだけれど、
8時起きあたりでしんどくなってしまい、
結局、続かなかったのだったと思う。

途中から記録がないので、
意識することもやめたのだろう。

今回はいきなり8時から始めることにした。
そのかわり8時を3週間がんばった。
最初の2週間はしんどかったけれど、
今回はモチベーションが強かったのでがんばれた。

3週間もたつとラクになってくるので、
7時45分を1週間くらい、7時30分を1週間くらい……
と進めようとしていたのだが、
それより早く起きなければいけない日が
間にはさまったせいもあったのか、
やっぱり7時15分くらいからしんどくなってきた。

そのうち8時くらいまでの間で
起床時間がバラバラになっていき、
8時を過ぎる日も出てきて
「いかん!これじゃまたもとにもどる!」
と焦りを感じ、
いっそ、7時起きにすることにしたしだい。

そうしたところ、
やはり最初の1週間は少ししんどかったけれど、
なんとか起きられて、続けられるようになってきた。
まだしんどい日はあるけれど。

そして私は考えた。

人間の睡眠リズムは90分単位だという話をきく。
45分というのはちょうど半分だ。

ということは、8時起きが習慣づいてきたころに
段階的とはいえ7時15分起きにするのは
いちばん眠いときに起きることに
なるのではなかろうか?と。
(追記:レム睡眠とノンレム睡眠のリズムは
 そういうことでもないらしい)

それでいうなら
次は6時30分にするのがスジだけど、
ちょっと勇気がいるし、
目標の時間は7時だったので
7時に設定してみたしだい。

もしかすると、8時とか7時とか
ちょうどいい時刻のほうが
なんとなく気分的に起きやすいという面も
あるのかもしれない。

また、7時45分起きが7時30分になっても
それほどがんばった感がないけれど、
7時から8時の間でぐずぐずやっていたのが
7時に起きられると達成感があるので、
そこもがんばりにつながったのかもしれない。

とはいえ、7時から8時の間でぐずぐずしていた
数週間にも意味があって、そのうえでの
7時起きだったのだろうとも思う。

ちなみに、睡眠関係の本で
昼寝の種類のことを知ったので、
10分程度のミニ・ナップや
20分のパワー・ナップを
しばらく取り入れていた。

場合によっては
2〜3時間寝てしまうこともあるが、
とにかく
「眠かったら二度寝や昼寝をしていいから、
 とりあえず朝、決めた時間に起きよう」
と思うとがんばれる。

以上、いろいろと自分の勝手な推測、
あとづけだけれど、
本などを参考にして素直に実行する時期と、
自分が思ったようにとりあえずやってみる時期が
あってもいいな、と思った早起き対策だった。

それが自分にあった方法かどうかは
そのときどきで自分のからだに聞いてみることにして。

このまま7時起きが定着するかどうか
まだわからないけれど、
ひとまず3週間は続けられたことを喜びたい。