今度こそうまくいくか早起き対策

これまで何度も挑戦して
どうしてもうまくいかなかった早起き対策。

いや、早起きでなくていいのだ。
朝5時でなくていいから、7時でいいから、
毎朝同じ時間に起きるということをしたいのだ。

なのに、どうしても達成できずにいた。

用事があれば朝6時でも起きられるのだけれど、
用事がなければ10時半くらいまで余裕で寝ていられる。

そういう生活ができること自体
とてもありがたくて優雅な話なのだけれど、
それはそうとしても起きる時間を一定にしたい。

というわけで、2月中旬から、
再び早起き計画を始めている。

先に結論を書くと、約3ヶ月たったいま、
ほぼ7時起きを習慣化できつつある。

二度寝してしまった日が1、2日あったりして
まだ確実とは言えないけれど、
7時くらいに起きられるようになって
3週間くらいたつので
習慣化しつつあると言ってもいいと思う。

ふりかえってみれば、
自分にとってのポイントは次の4点だった。

1.初期の強いモチベーション
2.睡眠リズムと起きる時間の設定
3.朝の光
4.就寝時間を早める

このうち2は話が長くなるので、
まずはその他についてまとめておきたい。

今回、再び早起き計画に挑戦しようとしたのは
ちょっと落ち込むできごとがあったからだった。

早起きとは関係のないことなのだけれど、
そこから立ち直るために
何かいいことを起こしたいと思った。

自分にとっては早起きがいちばんの課題だったので
早起きを目指すことにしたしだい。

最初の2週間くらいはしんどかったけれど、
「またもとにもどるのはいやだ!
 変化を起こしたいのだ!」
と自分を奮起させ、なんとか起き上がった。

3については、光時計を購入した。
特におすすめというわけではないが、
私が購入したのはこちら↓

 YABAE 光目覚まし時計 白 MY-10

イメージより少し大きめだったし
(サイズはよく確認しなかった)
買ったばかりの頃は「必要なかったかなぁ」
と少し後悔したけれど、
結果的に役に立っていると思う。

なお、購入したのは去年の秋。
つまり、これを買っただけでは

早起きはできなかった。

4は、朝がんばって早めに起きれば
夜はやく寝つくことができるようになるので、
そのタイミングをのがさないのが
大事だと感じた。

寝る時間だけを早めようとしても
うまくいかないので、
お風呂の時間や食器洗いの時間、
食事の時間や買物の時間など、
前だおしして夕方の早めの時間から
意識しておく必要がある。

夜、早めに寝ると
やっぱり朝がラクなので、
続けやすい。

いまは早いときで夜の11時半、
遅いときで12時半くらいに寝ており、
幅は1時間あるけれど、
平均7時間は睡眠時間を確保できていると思う。

とにかく寝つきがよくなった。

これまでのことを思うと、
うまくいったなぁと感じている。

定着するといいな。