約半年前の部屋の写真を見てみたら

今年の6月上旬に撮った部屋の写真を見てみた。

少しは風景が変わったかな?と思いながら。

 

しかし、あんまり印象は変わらない。

少しがっかり。

 

メタルラックという大物がなくなっても、

紙物がだいぶなくなってモノが多少減っても、

それだけですっきりするものでもないらしい。

 

あーあと思っていたら、ふと、

「こういうのいいなぁ」 と昔思った

収納の写真のことを思いだした。

無印良品の商品使用例の写真だったと思う。

 

同じ大きさの棚が並び、

棚ごとに同じ種類のボックスなどが

整然と並んでいる写真。

 

モノがたくさんあるけれど整然としていて

ある意味、すっきりしていた。

たくさんあるのに整えられている。

 

いや、むしろ同じものがたくさんあるから揃えられて、

すっきりするのかもしれないと思ってみたり。

 

その部屋はわが家で実現可能だろうか?

と考えてみた。

 

部分的には可能かもしれない。

でも、その風景とはまったく違う風景が

別のところに立ち現れる。

 

テレビ、電話、プリンター、スキャナ―が並び

本の様々な背表紙が並ぶ風景。

 

それがいやなら、

テレビ、電話、プリンター、スキャナー、

そして本を隠すか手放すかしなければならない。

 

いまはそういう意味での「すっきり」を

目指しているわけじゃないよね、と思いなおす。

 

素敵なインテリアの部屋を目指しているわけではないし、

おしゃれな生活を望んでいるわけでもない。

 

手放せるものをできるだけ手放し、

減らせるものをできるだけ減らして

少し身軽になりたいだけなのだ。

 

とりあえず記録のためにいまの部屋を撮影してみた。

そうしたら、あいかわらず雑然とはしているけれど、

半年前よりは少しモノが減ってきたな、

たぶん細かいところを片づければもっとすっきりするな、

と思えた。

 

そうか、写真と実物じゃなくて

写真と写真を比べないとフェアじゃないか。

 

ゲンキンなもので、少し元気が出てきた。