表に出ているものを収める段階

片づけをしているとき、

あえて目に見えるところに置いて

自分に意識させることが

有効な場合があると思う。

 

いまでいえば、自炊待ちの本がそんな感じ。

 

だけど、あるところまできたら 

見えているものを見えないところに

収めてしまうほうが

逆に有効となる時期というか

段階があるように思う。

 

見えなくなることで

いまよりはすっきりした状態の体験ができるし、

見えているものを収めるために

収める先を整理するという動機づけにもなる。

 

というわけで、自炊待ちの本以外について、

表に出ているものでどこかにしまえそうなものを

できるだけ収めてみるキャンペーンを

実施してみることにした。

 

不都合があればすぐにもどせばいいわけなので。

 

最初は、1つずつのモノについて

「なぜそれをそこに置いていたのか」

を問いながら収めていっていたので

わりと奥深い作業になる雰囲気だった。

 

が。

 

その雰囲気はあっさりと薄れ、

ただの片づけになっていき、

ただの掃除になっていった。

 

表に出していたというより、

とりあえずそこに置いていた、

という場合がほとんどだとわかった。

 

そして「とりあえず」モノが置かれた場所は

汚れているものであり。

 

というわけで、キャンペーンというよりは

ふつうに片づけをして

ふつう掃除をしている状態になっている。

 

まあ、それはそれでよいことなのだけれど。

 

あとひとつわかったことは、

一度こういう時間をもつと

目に見えているものが気になって

できればしまいたいと思うようになること。

 

それもよいことじゃないか。

 

なんでもかんでもしまい込んで

そのまま忘れてしまっては本末転倒だけれど

ここまで捨て作業を進めて残ったモノたちなので

今度は収納してみて、それを使っているのか

どう使っているのかどこに置けば便利なのかを

観察してみようと思う。