嵩張らないものが逆に捨てにくい

少しずつモノを捨ててきて9ヶ月。

 

粗大ごみもけっこう出したし、

紙物もだいぶ減らした。

 

しかしまだまだ手放していいものは

家の中にいっぱいあると感じる。

 

そのなかでも特に進まないというか

意外と進まないのが

嵩張らない小さなものたちの捨て作業。

筆記用具や小さな思い出の品など。

 

もったいなかったり

判断の労力が負担になるということもあるけれど、

それを捨ててもたいして場所はあかず

達成感がないからというのが

いちばんの理由だと思う。

 

場所があいたとしてもそれは収納用品の中であり、

その収納用品は何かの置き場所として

使っている場合も多いから

空になってもいまは手放せない。

 

たとえば筆記用具などが入っている引き出しは

スキャナ―置き場になっているし、

本棚として使っているコンテナは

プリンター置き場や電話置き場でもある。

 

衛生用品など細かいものが入っている引き出しは、

炊きあがったごはん鍋の置き場所になっており、

高さを考えると引き出しの段数は減らせない。

 

ゆえに、これらのものを減らしたとしても、

引き出しを空のまま残しておくことになり、

見た目には何も変わらないのだ。

 

もちろん、そのうえにのせているモノ自体を処分したり、

収納のしかたを変えれば事情もかわるけど、

いまはとりあえずベターな状態になっているので

小さなモノを捨てるためにあえて動かすこともない。

 

というわけで、

いまいちモチベーションが盛り上がらない

細かいモノの捨て作業だったけれど、

モノがなくなる達成感ではなく

「こころのなかの片づけ」をするために

少しずつ整理していくことにした。

 

そういうときに役に立つのが ROOM MAP

表ソフトで作った場所ごとの持ち物表。

 

今年の春から大きくモノを動かしていったので

まだ更新していないところがたくさんあり、

それを整えていくのにもちょうどいい。

 

そのなかからひとつふたつ捨てられたら

もうけものと思いつつ

少しずつ作業を進めている。