短期的にはお金がかかっている私の片づけ

2019年4月から

少しずつモノを捨てているわけだけれど、

その過程でけっこうお金を使っている。

 

まずは、粗大ごみ

8月までの段階で6,400円分、

その後、プリンターと自転車が追加され、

合計で7,600円となった。

 

あとは紙物を手放すにあたり

データ化とその整理にお金がかかっている。

 

自動給紙のスキャナーを買ったし

USBメモリ5本とSSD2つを買ったし。

 

変換アダプタカードリーダー

ある意味で片づけの経費。

 

それをいえば、参考書籍も。

 

すべての合計金額を出してみたら、約34,000円。

 

最初は「ひえ〜〜〜」と思ったのだが、

これは高いのか高くはないのか。

 

というか、ミニマリズムは節約にもなるはずで

お金も貯まるのではなかったのか??

 

佐々木典士さんの

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』

をもう一度開いてみる。

 

お金のことについて書かれた

p.240の7項目を眺めてみたが……

 

私にはほとんどあてはまらない。

 

家賃をおさえるために引っ越したいけど

いまはそれはかなわないし、

売れるようなモノはないし、

あったとしても売る気力がない。

 

物欲はそんなに強いほうではないが

先のデータ整理のように

別の欲が結局物欲につながっているし、

ストレスもなくなっていない。

 

だめじゃないかこれはー。

 

もっとも、いまは片づけ途上にあるから

短期的にお金がかかっているという面は

あると思う。

 

節約や貯金が目的で

片づけをしているわけではないが、

片づけにお金がかかりすぎるのもどうかと思うので、

今後、新たな経費をかけるのは

できるだけ避けたいなぁと思うのだった。