いまこのテーマで何を書きたいか

思えば、Web上に趣味で文章を書くようになって

ずいぶんな年月がたった。

 

書きたいことはもうだいたい書いたと思って

更新も止まっていたのだけれど、

今年度になってまた断続的にブログを書いている。

 

そうなってみてあらためて、ここのURLをかみしめている。

sukkiriという文字。

 

つまりはそういう意識で作ったブログだった。

書くうちにだいぶちがうものになっていったけれど。

 

それが何周かまわっていま、

sukkiriにもどってきたのだなぁと思うと

それなりに感慨深い。

 

いま再びWeb上に文章を書いている理由は、

ひとつには記録という面がある。

 

最近、Web上に残している記録の便利さを

感じるできごとがいくつかあったので。

 

ならば苦手といってないで

クラウドストレージを利用すればいいじゃないか

という話もあるが、

結局、「公開する=不特定の人が読む可能性がある」

という形でまとめたものであれば

Web上にのせることに抵抗がないらしい。

 

しかも、人に読んでいただくことを前提として書くと

結果的に自分のための記録としても使いやすい。

 

さらに、書くことそのもので思考の整理にもなる。

 

ところで、少し前に

 

  田中泰延『読みたいことを、書けばいい。』

 

を読んだ。

 

買ってよかったと思うけれど、いまの私にとっては

タイトルだけで十分な本だったかもしれない。

 

やはり私は、自分が読みたいものがなかなか見つからなくて、

再びブログの記事を書きはじめた面もあるような気がする。

 

根気よく探せば見つかるのかもしれないが、

その根気がもうない。

 

どのような文章が読みたいかというと、

まずは、紙物を手放すのが苦手な人の話が読みたい。

 

そして、紙物以外のものも含めて

なかなかモノを手放せない自分とどう向き合って、

どう折り合いをつけているのか、

その葛藤やプロセスが読みたい。

 

つまり、汎用性の高い答えをもっている方の答えではなく、

自分の答えを探している途上にある人の話を

共感しながら読みたかったのだと思う。

 

おそらくそういうことを書いている人は

きっと世の中にいると思うのだけれど、

根気よくさがすことより自分で書くことのほうを選んだ。

 

いざ書きはじめると、

書くこととメンタルケアでも書いたように、

書くことの意味をしみじみ再確認する。

 

やったことの記録、思考の整理、

自分のなかでふわふわしていることを

ある程度クリアにする作業はやはり楽しいし、

生活の活性化につながる。

 

また、もやもやしていることの場合、

言語化することによって

ああ、そういうことだったのか

と自分で納得できたり、

まだ何か少し違うような気がするな

と確認できたりする。

 

そして一区切りさせることができる。

 

そのときどきのテーマで

書きたいことを書き連ねていく楽しさは

十分に堪能したので、

今回はずっと続けるブログではなく、

ある程度の全体像を決めて区切りをつけて、

全容がつかめるブログにしたいなぁ

といまは思っている。