皮膚が弱い

身体のことを部位別に書いていて気づいたのは、

頭部が多いなぁということ。歯や首や眼など。

 

首から下はどうだろう?と考えてみると、

便秘やガスだまりのこと、子宮筋腫のこと、

一時的な背中の痛みで病院に行ったときのことなど、

不具合があるにはある。

 

で、そういう話ならもっと広範囲、

ほぼ全身に関わっていて

しかも自分の生活に濃くかかわっている

弱い体質があった。

 

皮膚。

 

子どもの頃から弱い。

 

全身に関わるといえば関わるけれども、

症状が出るのは一部。

なんらかの刺激が加わったと思われる場所。

 

小さいころから皮膚が弱かったけれど、

若い頃は皮膚科に継続的に通うことがなかった。

 

思い出せるのは、20代くらいに

尋常性白斑(たぶん)ができたときくらい。

 

あとは、たまに何かで

数回行ったような記憶がかすかにあるけれども、

定期的に通うようになったのは、

定住してかかりつけ医ができてからだ。

 

思うに、皮膚は、長くかかる。

長くかかるというか、

やけどなどの突発的なものをのぞけば、

ある意味、一生つきあっていく人は

一生つきあっていくことになるのではなかろうか。

 

私も、部分的なトラブルはすぐに治ることもあるけれど、

長くかかるところは長くかかっている。

とにかく薬を根気よくつけるしかない。

 

最近の話でいえば、

病院の予約をするのが少し遅くなってしまい、

薬がすっかりなくなって

私の右手の手荒れがひどくなってしまっていた。

 

それが久しぶりに病院に行って薬をもらってつけると、

みるみるよくなっていっている。

 

強めの薬だからそんなに効果が出るのかもしれず、

考えようによっては怖いことだけれど、

一度荒れると大変なので

症状を抑えられるのは本当に助かる。

 

少し話はそれるが、

強迫性障害をもっている私は

一時的に軽めの感染恐怖症になったことがあり、

そのときにあれこれ調べて思ったことは、

「皮膚ってなんてありがたいのだ!」

ということ。

 

外界から自分を守ってくれている。

 

洗浄強迫で手を洗いすぎて手のバリアを壊したら、

本末転倒だ。

 

まあ、そういう理屈が通らないのが

強迫ではあるのだけれど。

 

皮膚が弱いのは体質だとしても、

少し洗いすぎな面はあるので

もっと皮膚を大事にしようと思うことであった。

 

あとはたぶんインターバル家事とかやってるから

家事の段取りがわるく、水に触れすぎなのだと思う。

ちょっと策を練らねば。