コンタクトレンズを卒業した話

ことのはじまりは今年の10月上旬だった。

 

左目に異物感を感じて

最初はごみか何か入ったのだろうと思っていたが、

どうにもいつもと様子が違う。

 

レンズをはずしても違和感が残るので、

これは眼の問題かもしれないと思い

眼科へ行って診てもらったころ、

黒目に傷がついているとのこと。

 

薬を処方されて数日後にまた診ていただいたら、

傷は消えていた。

 

よかったよかったと思いながら

コンタクトレンズを再開したものの、

やっぱり調子がわるい。

 

また眼科へ行くと、

前よりも広い範囲で傷がついているとのこと。

レンズが汚れているわけでもないらしい。

 

薬が追加になってしばらく様子をみて、

もう一度診察していただいたところ、傷は治っていた。

つまり、レンズを使わずにいたら大丈夫だけど、

レンズを使えばまた傷がつくという状態。

 

どうやら涙の量が少なくなっていて、

レンズの摩擦の影響が強くなっているらしい。

 

というわけで、先生から

コンタクトレンズなしの生活をすすめられた。

 

が、その段階では私がしぶった。

 

ので、涙を出やすくする薬を新たに処方されて、

再び様子をみることに。

 

こういう状況になってはじめてネットで検索して

はじめて知ったのだけれど、

トシをとるとそういうことになるのですね。

知らなかった。

 

老眼や白内障のことを考えたことはあるが、

トシをとるとコンタクトレンズが使えなくなるなんて

意識したことがなかった。

 

それで年配者は眼鏡の方が多いのだろうか?

 

何かにつけ加齢を意識する年頃ではあるが、

まさかこんな方向からも感じるときがこようとは。

 

そんなこんなでしばらくは

コンタクトレンズを諦められずにいたのだが、

コンタクトレンズじゃないとだめな生活もしていないし、

また違和感や痛みが出るのもいやだし、

傷からばい菌が入って大変なことになるのも困る。

 

というわけで、

だんだんと眼鏡生活に移行する気持ちになってきて、

眼鏡の処方箋を出してもらうため、

また眼科に行ったのだった。

 

すでに眼鏡は持っていたけれど、

十数年前に作ったものだったし近視用だったので、

このたび新しく遠近両用の眼鏡を新調したしだい。

 

フレームも新しくしてレンズ代を含めて3万8千円くらい。

コンタクトレンズと変わらないなぁ、結局、お金かかるなぁ、

と思ったけれど、大切に使えば長く使えるだろうか。

それとも、老眼が進んで数年後に作りなおしになるのだろうか。

 

こんなことなら、もう少しだけ若いころ、

レーシックかICLを検討したほうがよかったのかもなぁ、

と思ってみたり。

 

でも、そのころICLってあったかな?

 

そしてふと思い出したのが、歯列矯正のこと

 

あのとき「歯」にお金と時間を使ったから、

「眼」は仕方がないんじゃなかろうか…と、

よくわからない理由で自分を納得させようとしてみたり。

 

それに、これから先、

白内障になったときの手術の抵抗感が少し減るかもよ…と

わかるようなわからないような理由で

自分を納得させようとしてみたり。

 

そもそも、眼鏡の何に抵抗があるのだろう?

 

やはり見た目だろうか。

でも、見た目を気にするなら、

他に気にすることがあると思う。絶対。

 

見た目のほかは、やっぱり鬱陶しいというのは確かにある。

 

でも、たとえあともう少し

コンタクトレンズを(短時間なら)使えたとしても、

これから先、使えなくなっていく可能性が高いならば、

早めにこの状況を受け入れてしまって、

前に進むほうがいいのではなかろうか?

 

老いを生きるって、

結局そういうことなんじゃなかろうか?

 

と、自分に言い聞かせながら

結局、その後コンタクトレンズは一度も使っておらず、

眼鏡ライフに移行している。

 

そして、眼鏡をかけている人を観察している。

 

もともと、コンタクトの装着も脱着もケアも

特に負担は感じなかったので

眼鏡にしてからの利点というのは感じられないが、

強いていえば目薬の消費量が減った。

以前は目薬必須の毎日だったから。

 

ということはやっぱり、

涙が少なくなっていたんだろうな。

 

なんとなく、あともう少ししたら

眼鏡にすっかり慣れてしまうような気がしている。

 

いや、慣れていいのだけれど。