白髪染めトリートメントをやめた理由

いまから5〜6年ほど前、

まだ白髪がそんなに気にならなかった頃、

白髪染めトリートメントを使っていた。

 

普通のトリートメントと同じように毎日使えば、

少しずつ白髪が気にならなくなるというもの。

近所のスーパーで売っている普通の商品。

 

どのくらいの期間使ったのか覚えていないが、

1本で終わった記憶はないので、数ヶ月か、

長くて1年くらいは使ったのではないかと思う。

 

なぜ使わなくなったかというと、

それなりの騒動があったから。

 

といっても、正確な原因はいまだに不明。

 

ことのはじまりは、

耳の後ろの膨らみに気づいたことだった。

 

かかりつけの皮膚科で診ていただいたところ、

リンパが腫れている可能性が高く、

抗生物質を処方されてしばらく様子をみることになった。

 

しかし、改善されない。

 

なので、一度大きな病院で診てもらったほうがいい

というこということになり、

紹介状をもって総合病院へ行って検査してもらった。

 

検査の結果、やはりリンパのようだったが、

いま特に何かの処置をする必要はなさそうで、

引き続き経過観察ということになった。

 

膨らみは大きくはならないが小さくもならない。

 

かかりつけの皮膚科の先生は心配してくださって、

このままの状態が続いたら

また同じ病院で診ていただいたほうがよい、

という考えだった。

 

どうしようか迷っていたのだけれど、

それから少したったころ、

腫れが小さくなっているのに気づいた。

 

なんだろう?と思ってハッと思い当たったのが、

白髪染めトリートメント。

 

ずっと同じ商品を切らさないように使っていたのが

ちょうどその数日前になくなって、

数日間、使わずにいたのだ。

 

もしかしたら……と思ってやめてみたところ、

腫れはさらに小さくなっていった。

 

皮膚科の先生にも報告して診ていただいたところ、

やはり小さくなっているとのこと。

 

で、検査してもらった病院にまた行くこともなく、

そのまま腫れもひいて、現在にいたっている。

 

本当の原因がそうだったかどうかはわからないが、

もし、トリートメントが原因だったとすると、

含まれている成分が問題だったというより

私にあっていなかったのだと思う。

 

そしておそらく、

毎日使うものであることと白髪染めということで

すすぎが不十分になってしまっていて、

頭皮に継続的に刺激が与えられた結果、

そういうことになったのではないかと推測している。

 

そういえば当時、頭皮の湿疹が

なかなか治らなかった記憶がある。

 

私としてはよくあることで

薬ももらっていたので、気づかなかった。

 

その後しばらく様子をみたのち、

1回で終わる白髪染めヘアカラーを使うようになったが、

特に問題は起きていない。

 

ヘアカラーのほうが刺激が強そうだけれど、

1回だけだし、年に数回しか使わないので

だいじょうぶなのかもしれない。

 

一時は怖い病気かもしれないと思ったので、

とりあえず腫れがひいて

胸をなでおろしたのと同時に、

毎日使うものの影響ってわかりにくくて

かえってこわいな、と思った。

 

あとは、商品そのものの質よりも、

自分の体質との兼ね合いが大事なのかもしれない、

ということも思った。

 

リスク分散の意味をこめて、

毎日使うものはたまに変えてみると

いいのかもしれない。

 

特に、何か身体に不具合があるときには。