ツボ押しと温灸

かたまった身体をほぐすことは

家の中でできる簡単な運動で対応しているが、

そのほかに自宅でできるセルフケアとして、

ツボ押しと温灸にもお世話になっている。

 

  伊藤剛『東西医学の専門医がやさしく教える即効100ツボ』

  若林理砂『安心のペットボトル温灸』

 

お世話になっているといっても、

実は、いちばん役に立っているのは

「野球の軟式ボール」と「ホット用ペットボトル」は使える!

という事実を知ったことだったりする。

 

本を買ったばかりのころはもちろん

示されているツボをあれこれ試したし、

その後も折に触れやっていた。

 

効いた感じがすることもあったし、

効いているのかどうかよくわからないこともあった。

 

でもとにかく気持ちがいいので

ちょっと調子がわるくなるとどちらかをやっていた。

 

で、ツボ押しに関しては、

いまでは、特に局所的な不調がないときには、

特定のツボを押すのではなく、

野球のボールを使って、背中を上から順に押している。

背骨横から側面にかけて。

 

温灸のほうは、

肩こり・疲労・便秘のツボを使うことが多い。

それになんといっても、ホット用ペットボトルは

冬場に湯たんぽがわりになるのがありがたい。

 

寝るときに使うのもいいけれど、

机にすわっていて足元が寒いときにほんとに助かる。

 

以前、普通のペットボトルの

大きいやつでやろうとしたことがあって、

お湯の量はたくさんいるし

そのうち漏れてくるし、あまり使えなかった。

 

でも、ホット用ペットボトルだと、

しばらくのあいだは大丈夫だし、2つ用意して、

両足の土踏まずのあたりをのせていればいい。

 

あとは、スーパーボールを使って

足裏のマッサージもしている。

子どものおもちゃか何かで残っていたもの。

 

ツボ押しの本に書いてあったツボではなく、

ネットで調べたリフレクソロジーの反射区のうち、

便秘解消にかかわりそうなところをマッサージしている。

 

ほんとうは指で押したほうがいいのかもしれないけれど、

スーパーボールでやるとラクだし気持ちいいので

自己判断でやっている。

 

それぞれの効果のほどは定かではないが、

とりあえず気持ちがいいし気分転換にもなるので

お世話になっているのだった。