切り取り&貼り付けで活用する「毎日やること表」

私の日常生活において、

日記以外でも表計算ソフトはとても役に立っている。

 

「Excelは役に立つ」と書けば話ははやいのだろうが

実際に使っているのは WPS spreadsheets なので

表計算ソフトと書いてみる。

 

それをいうなら計算機能はほとんど使っていないので

表ソフトというべきところかもしれない。

 

家計簿などではなく、別のことで役に立っている。

 

特に役に立つのが「毎日」という名前のシート。

いわば「毎日やること表」。

 

どういうものかというと、

だいたい次のような感じのものなのだ。

 

左端の一列を開けた状態で

月〜日の曜日の欄を横に並べるべく

曜日の見出しをつくる。

 

そして、きょうが火曜日だとすると、

火曜日の欄に上から順にやったことを記入する。

小さなことも書いていく。

 

たとえばこんな感じ↓

 

   やること1     ごみ出し

   ストレッチ   

   コンタクトレンズ装着   

   朝食   

   携帯メールチェック1回め   

   PCメールチェック1回め   

   やること2     メール返信   

   天気予報確認

   ニュース確認

   スケジュール帳確認   

   洗濯1回めスタート   

   布団まわり片づけ   

   乾燥機出し   

   仕上げ乾燥スタート   

   洗濯たたみ・しまい

      ・      

      ・

      ・

 

「やること」というのは

毎日やるとは限らないようなこと。

 

つまり、その日ならではのことをやったときに

「やること1」「やること2」「やること3」……

で示している。

一応、右の欄に何をやったかメモしておいて。

 

最近は、「スキャン作業」や「捨て作業」などが

「やること」に加わっている。

 

こうして火曜日が終わると

火曜日にやったことの一覧ができて、

そこには毎日やることが並んでいるはずだから、

水曜日は何かをやったら

火曜日の欄から切り取って移す。

 

つまりカット&ペーストする。

ショートカットキーを使って。

 

ここはコピー&ペーストではないほうがいい。

なぜかというと、まだやっていないことが

前日の欄に残ってわかりやすいから。

 

ちなみに、食事やお風呂など必ず毎日やるけど

タイミングが決まっていないものは記入して、

はみがきなどのタイミングが決まっているものは

記入していない。

 

なお、左端の一列は「貼り付け用」の項目をおく場所。

何日かやらずに曜日の欄に残ってしまった項目を移し、

やったときにここからカット&ペーストして使う。

 

なんでこんなことをしているかというと、

こういうことでもしないと私は動かないからなのだ。

 

怠惰な自分をなんとか動かして生活を前に進めるべく

あれこれ邪道なことを考えだしてはやってみている。

 

「毎日やること表」をつけていくと、

小さなことでもやったことが並ぶので達成感がある。

 

そして、やっていないことがわかるので、

ああ、そうだった、あれがまだだった、と

思い出すことができる。

あるいは、やろうという気持ちになれる。

 

さらに、この表はインターバル家事で役に立つ。

 

あと10カウントの何かをしなくてはいけないとなったとき、

「そうだ、そういえばスロースクワットがまだだった」

という感じでやれば10カウントかせげる。 (かせげる?)

 

そんなふうに毎日やる小さなことは、

できるだけ考えずにやれるようにしたい。

 

実際にはこれらをすべて習慣化させると

もう表もいらなくなると思う。

 

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』

を書いた佐々木典士さんが、

その後、習慣の本を出されているのは、

なるほど納得がいく展開だと思う。

 

だけど私の場合、

「毎日」の表を使って

インターバル家事をすることが

もう習慣になっているらしい。

 

たぶん、家事を含めて全部がゲームみたいに

なってるんだと思う。

 

そういえば

 

なまけもののあなたがうまくいく57の法則

 

に、こんな法則があった。

 

「法則13:ゲーム感覚を取り入れる」

 

この本でいうところの「ゲーム感覚」

(競争・ご褒美・ちょっとした罰)

とは少し違うのだけれど、

でもやっぱりこれはこれで

私のゲーム感覚なのだと思う。