ついにScanSnapを購入する

紙物をどうしたものか頭を抱えながら、

ScanSnapが欲しいとずっと思っていた。

 

しかし、お値段的にも置き場所的にも

購入するのは違うと思ったし、

レンタルする気力もなかった。

 

なので、自宅のプリンターのスキャナー機能で

地道に手作業でスキャンを続けていた。

 

そんななか、Amazonでスキャナーを物色していたら、

古い型の中古がまあまあの値段で出ているのに気付いた。

 

欲しいなー欲しいなーと思いつつ、

踏ん切りがつかなかった。

 

そうこうするうち、目をつけていた商品の

Amazonのページにはなくなってしまった。

 

あーあと思いながら、また地道なスキャン作業の日々。

 

ところがあるとき、

いっこうに整理がつく様子がない本や紙物の山を見て、

「これはもう買わないとだめだ!」

と何かがふっきれた。

 

Amazonをのぞいたところ、 なんと、

前回よりも安く中古が出ていた。

「もう、買う!」と注文。

 

さっそく届いた。

 

届いた日から数日間、別件で忙しく

すぐに試すことができなかったので、

そちらが一段落したときにいよいよ始動。

 

何も難しいことはなく、何も不都合はなく、

ScanSnap生活スタート。

 

感動。

 

「なんて便利なんだ!」と、声に出した覚えがある。

 

もっとはやく買えばよかった

と思うんじゃないかとは思っていたけれど、

確かにもっとはやく買えばよかったんだけど、

いまでも遅くはなかった。

 

っていうか、いままでよく手作業でやっていたものだと思う。

逆に、あの苦労があったから感動が倍増したのかもしれない。

 

ノート類は地道にカッターで切り離しながらスキャン。

カッターについても同じ道をたどるのだろうか……

とぼんやり思いながら、ひたすらスキャン。

 

古い写真は1枚ずつ入れているが、無事に給紙してくれている。

 

そのうち、スキャンした写真のデータにスジが入るようになり、

何か対処方法はないかネットで検索したら、

違う型番についての説明が見つかった。

 

型番は違うけれど何をすればいいのかはわかったので、

対応したらすぐに改善。

 

「なんだ、やっぱり取説いらないじゃないか」 と思ってみたり。

 

それから、置き場所についてもまったく心配いらなかった。

 

プリンターがもう1台増えるようなイメージを

勝手に抱いていたが、

考えてみればA4サイズがスキャンできるとしても

機械の中を通ればいいのだから、

A4サイズより大きい必要はないのだ。

実際の大きさを確認していなかった。

 

印象としては、プリンターの半分より少し小さいくらい。

見た目もシンプルだし操作もラクだし、

とても気に入っている。

 

人生で5本の指に入る、いい買い物をしたと思った。

 

いや、もしかしたら1位かもしれない。(え、そんなに!?)

 

しかし、スキャンそのものはものすごく能率的になったとはいえ、

何しろスキャンしたいものの絶対量が多く、

貼ってあるものを剥がす作業も必要なことから、

まだまだ時間はかかりそう。

 

ひたすらスキャンしながら

「自分はなんのためにこの作業をやってるんだ???」

と素朴な疑問もわきまくっているけれど、

とにかく気がすむまでスキャンしようと思う。

 

やれば終わる。

 

いつか終わる。