1冊にまとめるノート術を3年間続けてみた感想

2016年4月から2019年3月まで、 1冊にまとめるノート術をやっていた。

 

  情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

 

を参考にして、結果的には自己流で。

(ちなみに人生編、読書編も購入)

 

Kindle版を買ったけれど、

この本は紙のほうがよかったかもしれないと

買ったあとで思った。

画像をもっとちゃんと見たかったので。

 

やめようと思った直接の理由は

ミニマリズムに気持ちが向かったことだけれども、

それより少し前にノートが入手しづらくなったのが

小さなきっかけになったように思う。

同じノートで統一していたので。

 

使っていたのは、A5サイズ100枚のノート。

3年間で22冊。

 

3年やってみた感想をひとことでいうならば、「楽しかった」となる。

ほんとになんでもいろいろ書いてきたし、あれこれ貼ってきた。

日記でもあり、家計簿でもあり、メモ帳でもあり、落書き帳でもあり。

 

ただ、このノートを意味あるものにするには

やはり定期的に見返す作業が必須だと思う。

一応自分もやろうとはしたけれど、薄かった。

また、パソコンで見出し一覧を作る気力もなかった。

 

私にとっては、書いているそのときに

意味があるノートだったと言える。

 

ならば保存せずにその場で書き捨てでいいかというと、

そうもいかない。

見返したくなったらいつでも見返すことのできるノートだから、

書くことが楽しかったのだと思う。

 

書いているそのときに意味があるとしても、

書き溜めるという意識もあった。

 

で、どんどん増えていくこのノートを

これから先どうしていくつもりなんだ???

と当初から思ってはいたのだけれど、

「とにかくいまやりたいからやるのだ、

 あとのことはあとで考えよう」

と思いつつ続けていて、

ついにその「あと」が来たわけなのだ。

 

一時はどうしたものかと頭を抱えたのだけれども、

結局、全部スキャンして廃棄することにした。

(途中で気がかわらなければの話だが)

 

こうなることを予想して

貼るものを重ねなければよかったと後悔しても

時すでに遅し。

 

貼っていたもののうちレシートなどはそのまま処分して、

とっておきたいものは剥がして単独でスキャンしている。

 

ノートがA5サイズなので見開きにするとA4になり、

貼っているものを剥がす作業があることからも

このスキャン作業は手動に向いていると思う。

というか、手作業でするしかない。

 

時間をはかってみておおよその見当をつけたら、

1日1時間作業をしても、

全部スキャンするには軽く1か月はかかることがわかった。

それだけの時間をかける意味がある作業かどうかわからないけれど、

そのまま捨てるにはしのびないので、

他の紙物を渡り歩きつつ、地道に作業を続けている。

 

なお、いまやっていることには「老い支度」の意味も含まれていて、

私のこのノートは自分がいなくなったあと

残して意味のあるものではないので

(というかむしろ残したくないので)

処分する機会が得られてよかったといまは思う。