<< インターバル家事とそのバリエーション | main |
ネット発信ライフ縮小作業をしながら思うこと
ここのところずっと、
「ネット発信ライフ縮小」のための作業をしている。

昨年末、久しぶりにブログ更新の頻度をあげようとしてみたが、
結局続かなかった。

たぶん、ネット発信でやりたいことはやりつくしたのだと思う。

これまでいろいろな形でネット発信をしてきて、
気が滅入ることできごともあるにはあったけれど、
基本的にとても楽しかった。

ブログは、ある時期の私を支えてくれたとも思う。

でも、もうそろそろ、
整理していく時期に入ったと感じている。
それはこの生活ブログのテーマのひとつでもあったはず。
(なお、健康上の理由ではないです)
生活の等身大化は、高齢になる前に

ちなみに、現在の私のネット発信ライフの場は以下の6箇所。

1.大昔につくったサイト
2.数学教育ブログ
3.生活ブログ ←TATA−STYLEはここ
4.親子ブログ
5.note
6.Twitter

そもそもが多いのだ。

このうち2、5、6は当分残すことに決めていて、
2は整理中で、5はこれから整理する予定。

1、3、4は閉じることも視野にいれている。

1のサイトのおおもとをいつ作ったのか、
もはや記憶が曖昧なのだが、
1999年くらいだったのではないかと思う。
いわゆる「ホームページ」というやつで、
いまとなっては編集するのも一苦労。

しかし、縮小作業をしながらいちばん思い出すのは、
1を作ったときのことだったりする。

あのころ、それまでにはなかった
「私のようなただの一般人が、
 自分が言いたいことを
 不特定多数を対象に言える場所」
を得て、興奮もしたしのめり込みもした。

だから、ひとつひとつのコンテンツに
時間と手間をかけたし、
それはまるで仕事のようだった。

いまやっている縮小作業も、
だんだんと仕事みたいになってきている。

それぞれの場について、
自分が納得できる形で縮小するための作業を書き出したら、
32項目になった。
もう少し増えそうな予感。

もちろん、こういうことをせずに、
スポンと消す道もあると思うのだが、
それをできないほどには愛着があり、執着がある。

この作業の時間もまた、「ネット発信ライフ」から
与えられたものなのかもしれない。

最初は過去の記事でもういいかなと思うものを
非公開にしたりもしていたのだが、
それは押入れにしまうようなものであり
今度は押入れの整理が必要になってきそうなので、
思い切って削除するようになった。

ひとつ削除すると、じゃあこれも…というふうに
けっこう大胆になっていく。

そうした作業のなかで何が残っていくのか、
少し楽しみだったりもする。
この感覚は、
買ったかもしれない貯金
で感じたことに似ている。

ひとつずつゆっくり、
作業を進めていこうと思う。

ところで。

「これは…」と思う記事については、
リンク先を含めて確認しているのだが、
「リンクする場合は要連絡」のサイトが
実はけっこうあることに気づいて
青ざめているきょうこのごろ。

この作業を始めて、すでに6サイト見つけている。

「リンクは自由」がネットの基本だと思って
ほいほいリンクしてきたけれど、
1周か2周まわってそれが古い考えになったのか、
もともと私の勘違いだったのか、
そういうサイトをリンクする記事ばかりを書いてきたのか、
自分でもよくわからない。

ただ、リンクについて
ひとこと書いておきたいというのは理解できるし、
リンクをある程度管理しておきたいという気持もわかる。

ので、順次連絡している。

こういう連絡は、先方に手間をかけさせて
逆に迷惑なんじゃないかと思っていたのだが、
相手がそれを望んでいるのだから、
してもよい…というか、
しないといけないのだろう。

いまさらの話ではあるけれども。

なお、逆に、サイト内をさがしても
リンクの条件が見つからなかった場合や、
ソーシャルボタンが設置してあるサイトは
(原則として)連絡不要と判断することにした。

もうひとつつけたせば、
リンク報告をときどき気にするのは
自分の強迫症状のひとつではないかと思っていたのだけれど、
どうやらそういうことでもなかったらしい。

だったら実際に調べて
もう少しはやく気づけよ自分…
と思ってみたりもするけれど、
いずれにせよいまさらの話ではある。

 2018.02.12 Monday 17:44 その他 permalink