<< 小池龍之介『考えない練習』の過去記事について | main | 買ったかもしれない貯金 >>
光熱費のその後
今年の夏に生活費の総点検をして、光熱費削減の対策を立ててみた。
電気ガス

数ヶ月たって思うことは、細かい努力は続かないらしいということ。
何かにつけて“喉元過ぎれば”になってしまうものらしい。

結局、ひとつかふたつのシンプルなことを習慣化させることが
いちばん効果的なんじゃないかと思えてきた。

電気については、変えられたのは洗濯物の干し方だけ。
暖かい時期はできるだけ外に出すようにし、
暖房をつけるようになってからは
エアコンの風があたりやすいところに置くようにした。

その影響かどうかはわからないが、電気使用量は、
昨年に比べて10月分が44kWhダウン、
11月分が88kWhダウン、
12月分が122kWhダウンとなっている。
料金としては、10月分が昨年より−498円、
11月分が−1595円、12月分が−2723円。
うれしいというよりむしろおそろしい(これまでが)。

ガスのほうは、給湯器の温度設定を
お風呂のとき以外は低めにしておくことと、
お風呂の足し湯に気をつけるようにした。

その結果、昨年より、
10月分は1m^3ダウン、
11月分は4m^3ダウン
12月分は16m^3ダウンとなっている。

しかし、単位料金の関係で、料金としては、
10月分は+378円、11月分は+151円。
12月分はさすがに料金的にも下がって−1101円。

これまで「使用量のお知らせ」は支払う金額しか見ていなかったが、
実はいろんな情報が入っているんだなぁと思うことであった。

それはそうとして、こういうことをするようになって、
思うことが2つある。

まず、こういうことをしても生活に特に支障はなく、
無理もしていないので、
上記の電気・ガス使用量はもともといらないものだったということ。
つまり、完全なる無駄遣いだったわけなのだ。
もう少しはやく気づけばよかった。

そしてもうひとつ。
こういうことで少しお金を減らしても、
他のことで気を抜くと、
あっさりチャラになる可能性がとても高いこと。

ということなどを含め、もう少し観察していこうと思う。
 2017.12.18 Monday 12:08 お金のこと permalink