<< 生活費を総点検している話 | main | どうしてうちはガス料金がこんなに高いのか >>
何にどのくらい電気料金を使っているのか
生活費の総点検をしているきょうこのごろ。

いろいろ書き出したり、平均を出したりして、
どこかを見直せないかさがしているところなのだが、
大きな項目のなかで何にどのようにお金を使っているのか、
明細やレシートだけではわからないものがあるので、
もう少し突っ込んでみていくことにした。

というわけで、電気料金。
電気料金は夏場が高めで、冬場がすごく高い。
エアコンの影響なのだろう。

私は家にいる時間が長いので、
エアコン代は相当使っていると思われる。

ひとまず、エアコン以外で
何にどれだけ使っていそうなのか、
みてみることにした。

昨年度1年間のなかで、
もっとも電気代が安かったのは6月分。
245kWhで5,688円。

なお、わが家は契約アンペアが20A、
契約種別は従量電灯Bとなっている。

この期間(5/16〜6/13)はおそらく、
エアコンを稼働させることは
ほとんどなかったのではないかと思う。

では、エアコン以外では何に使っているのだろう?

いちばんかかってそうなのは、衣類乾燥機。
消費電力が高いうえ、使用時間も長い。

わが家の洗濯物は、
洗濯してすぐに乾燥機にかけることは
めったにないけれど、
天日で完全に乾かしきるということもない。

部屋干しとたまにベランダに出して、
ある程度乾いた状態で乾燥機に入れる。

夏の天気のいい日なら、かなり乾いてくれるが、
5〜6月にそんな日が何日もあったと思えない。

では、乾燥時間はどのくらいなのか。

取り扱い説明書をのぞいてみたら、
フルで入れると2時間25分もかかるらしい。

最近、時間をはかってみているのだが、
確かにほとんど乾いていない場合は
そのくらいかかっていたし、
いまの季節で外に出した状態の場合も
2時間近くかかっていた。

とりあえず、2時間で考えてみる。

衣類乾燥機の消費電力は
条件で変わってくるようなのだが、
1300Wで考えると、2時間で2600Wh、
つまり2.6kWhなので、30日で78kWh。

洗濯機は210Wなので、
基本は1日に2回、たまに3回まわすとして、
ひとまず月70回とすると、
1回36分として、36×70÷60=42(時間)、
210×42÷1000=8.82、約8.8kWh

では、24時間つけっぱなしの冷蔵庫はどうなのか。
300kWh/年と書いてあったので、
12か月でわって、1か月25kWh。

一方、時間は短いけれど、
消費電力が高いものといえば、
アイロンとドライヤー。

アイロンは1400Wで、
3〜4日ごとに1回15分ずつ、
1か月で2時間と考えて、
1400×2÷1000=2.8(kWh)

ドライヤーは1200W。
1日に母娘3分ずつとして、
1か月で3時間、
1200×3÷1000=3.6(kWh)

そういえば、わが家は日中も電灯が必要で、
おまけに自宅にいる時間が長く、
照明器具もバカにならないかもしれない。

長くつけている蛍光灯分を計算したら、
56.7kWhにもなった。
これに、短時間だけつけるものを
ざっと計算して加えたら、約60kWh。

あとは掃除機が1000W〜約300Wということで、
平均650Wと考えて、1日5分、1か月2.5時間で、
650×2.5÷1000=1.625、約1.6kWh

ノートパソコンは消費電力がよくわからなかったのだが、
ひとまず20Wで考えると、1日10時間として、
1か月300時間、20×300÷1000=6(kWh)

テレビは51W、1日3時間の1か月90時間として、
51×90÷1000=4.59、約4.6kWh

電話は待機中が1.7Wで、
24時間の1か月分だと約1.2kWh。
動作時最大は100Wになるらしく、
月に1時間として0.1KWhなので、
そのまま加えて約1.3kWh。

トイレとお風呂の換気扇は連動していて
消費電力がわからないのだが、
とりあえず20Wと考えると、
ほぼつけっぱなしなので、
20×24×30÷1000=14.4(kWh)

台所のレンジフードファンは30Wと考えて、
1日1時間で1か月30時間、
30×1×30÷1000=0.9(kWh)

換気扇類はあわせて約15.3kWh。

電子レンジは500Wで考えて、
1日5分だと1か月で2.5時間、
500×2.5÷1000=1.25、約1.3kWh

そのほか、DVDレコーダーやプリンター、
充電や各種待機電力をあわせると、
10kWhくらいにはなるんだろうか?
とりあえずなるとして、合計を出してみる。

衣類乾燥機 78
照明器具 60
冷蔵庫 25
換気扇 15.3
洗濯機 8.8
ノートパソコン 6
テレビ 4.6
ドライヤー 3.6
アイロン 2.8
掃除機 1.6
電話 1.3
電子レンジ 1.3
その他 10

合計 218.3kWh

あら。26.7kWhほど足りない。
何かを忘れているか、
どこかでサバをよんでいるか。

でも、大きくはずれた数値でもなくて、よかった。
何しろ使用時間がかなり適当だし、
そもそもこういう考え方、
こういう計算でいいのかどうかも
よくわからないまま出した数値なので、
どのくらいあてになるかわからないのだが、
もしあっているとして、問題は、
ここから何をよみとれるか、だ。

と、その前に思ったことは、
契約アンペア変更を思いとどまってよかったなぁ、
ということ。

以前、ブレーカーがよく落ちるので、
30Aにあげようと考えたことがあるのだ。
でも、検討のすえ思いとどまり、
現在はブレーカーが落ちることはほとんどない。
落ちやすいものを同時に使わないよう、
気をつければいいだけのことだった。

また、これよりさげることもできない。

契約プランについても、変更することで
電気料金がさがりそうな生活はしていないので、
このままでいいと思う。
となると対策は、実際に使っている
電化製品の使い方について、ということになる。

まずなんといっても、衣類乾燥機。
使用時間を少なくしたいし、少なくできる気がする。

あとは照明器具。

・・・っていうかなんていうか。

エアコンのことを考えても、
「とにかく外に出ろ」
ってことですかねこれは。

しかし私は、家にいるのが大好きなのだ。
家にいて、こういうことをうだうだ書き出したり、
考えたりするのが大好きなのだ。
うーん、どうしたものか。

それにしても、
わが家の電力消費の1位と2位を見るにつけ、
家にいる時間が長い人の場合、
日当たりのよい部屋にすむというのは、
何かと経済的なのかもしれないと、
しみじみ思うことであった。
それが家賃の差に見合うかどうかは
電気代だけでは考えられないけれども。

とにもかくにも、この作業自体は面白かった。

これで衣類乾燥機の使用時間を減らすよう努力してみて、
電気料金が少しさがったら、
意味がある作業だったということだ、うん。

なお、今回あえて円までは出さず、kWhでとめておいた。
なんとなくそちらのほうが、やる気が出る気がしたので。
 2017.10.09 Monday 22:23 お金のこと permalink