<< 生活費を総点検している話 | main | 何にどのくらい電気料金を使っているのか >>
Webサイト関係のIDなどを書き出してみてその数に驚いた
今年の夏に、ふと思いついて、
エンディングノートを買った

すぐに書けそうなことをまず書いて、
その後もちょこちょこ書き込んでいる。
迷っていた「葬儀」の欄も少し書き込んだ。

で、Webサイト関係は欄が足りないので、
PCで入力して貼り付ける方向で準備しているのだが、
これがまあ多くて自分でびっくりしている。

いかにネットに頼って生きているのかを
しみじみ思い知った。

.通信関係、クレジットカード関係など
  基本生活にかかわるものが6件
.パソコンやソフト関係が6件
.オンライン購入関係が10件
.ブログやネットサービス関係が11件

多っ!

確認できているのがこれだけなので、
調べるともっとあるのかもしれない。
というか、要確認項目がすでに7件。

これまで折に触れ解約をしてきたつもりだが、
まだこんなにあったのかと自分で驚いた。

なお、退会についても記録しており、
久しぶりに見返してみて、
ほんとにネットどっぷりの人生を送ってきたのだと
さらに思ったしだい。

ちなみに、携帯電話やパソコンについては
別にページが設けてあるので、
基本情報はまとめて記録してそこに貼っている。

それはそうとして、
こういうのって、本人が急に死亡したら、
どうなるんだろう・・・?

母の晩年はあれこれ大変だったのだが、
そのうちのひとつに郵便物への対応があった↓

生活の等身大化は、高齢になる前に

しかし、郵便物なら見えやすいからまだいい。
これがメールやPCの中の出来事だったら、
まわりの人が把握するのはとても大変だと思う。

なかには放っておいても
自然に消滅するものもあるのかもしれないが、
なんか気持ちわるいし、迷惑をかけるかもしれない。

そもそも、他の人には
重要度さえわからないかもしれない。

これは元気なうちに、
そしてまだ記憶があるうちに、
どうにかしておいたほうがいいと
しみじみ思ったしだい。

とはいえ、書き出しただけですでにヘトヘト。

とりあえず現状をある程度把握しただけでも
意味があったというとにして、
少しずつ対応していこうと思うきょうこのごろなのだった。
 2017.10.05 Thursday 21:58 老いについて考える permalink