<< 続かなかったノート術から | main | 40代で始めた歯列矯正のその後 >>
エンディングノートを買った話
夏のはじめに、エンディングノートを買った。
ふとそんな気持ちになって。

フォーマットがあったほうがよかろうと思い、
専用のノートをAmazonで購入↓
コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート B5 LES-E101

いざというときのため…
という気持ちはもちろんあるけれど、
エンディングノートという形で
いまの自分の状況を整理するため
書き始めてみたしだい。

ROOM MAP は“もの”の書き出しだが、
エンディングノートは情報の書き出しということになる。

ある程度記入してわかったのは、
今後は上記のような立派な専用ノートは
必要なさそうだということ。
「なし」と書き込んだページがけっこうあるので。

逆に、用意された欄を使いきった項目、
たりない項目などもあった。

たとえばWebサイトのID。
書き出してみるとほんとうにたくさんあって驚く。
このページは直接記入するのではなく、
プリントアウトして貼り付ける方向で準備中。

各種IDについては、比較的よく使うものは
スケジュール帳のうしろのほうに書いていて、
たまにしか使わないものを
古いスケジュール帳でさがすということがあったので
ひとつにまとめておくと便利そう。

でも、せっかくカバーつきの専用ノートを買ったし、
それなりのページ数があるので、
これを上書きしたりカスタマイズしていこうと思う。

そういえば、母もエンディングノートを
書いていた記憶がある。

見つけたのが生前だったのか他界したあとなのか
いまとなっては思い出せないのだが、
とにかく参考にしてはいなかった。
母には申し訳なかったけれど。

そんな経験もあってか、
介護や葬儀のページは当分書けそうにない。
「おまかせする」の欄もあるにはあるのだが。

ただ、延命処置については
ひとこと書いておいたほうがいいのだろうか…
という考えもあり、迷うところ。

全体的に折に触れ見返して、
更新したりバージョンアップしていきたい。

いずれにせよ、ROOM MAP とは少し違う形の
自分の状態の把握になると感じている。

 2017.09.19 Tuesday 09:31 ノート術 permalink