<< クラウド・アイデンティティー問題と、「魂」の防衛装置 | main | 歯列矯正、保定期間3年めの状況 >>
本の埃とカビ臭さをなんとかすべく、本棚をやめてボックスにした。
わが家は、間取りとしては1LDKになるのだけれど、
その「1」を寝室として使いつつ、
衣類置き場にもなっていて、壁際に本棚を置いている。

で、この部屋は埃がすごい。

布団のあげおろしで
かなりの埃を撒き散らしているからだろうか?

したがって、本棚と、
そのなかの本の小口…というか、
天地の天の部分が埃だらけ、
おまけに家(部屋)全体がカビ王国なので、
もちろん本もカビ臭い。

どうにかしなくてはと前々から思っていたのだが、
このたびようやくどうにかした。

もう本棚をやめて、
蓋付きのプラスチックケースに
本を入れることにしたのだ。

ストックボックス的なものも検討したのが、
できれば本の出し入れがしやすいとありがたい。

で、あれこれ探す中で
ちょうどよいケースを見つけた。

アイリスオーヤマの、
ラックコンテナFRC-40クリアなるもの。
スタッキングができて、棚としても使える。
しかも、フタもある。

これを6個購入し、
フタの部分が前にくるように2段に並べて、
本をざっと拭いて中に並べ、
乾燥剤を入れてフタをしている。

少なくともこれで埃は入らないはず。

カビは結局残ってしまっていると思うが、
そのまま放置するよりはましなんじゃないかと
期待しているところ。

しかも、引越しの際にも荷造りの必要がないし!?
(当分、予定はないけど)

ただ、全部の本は収まりきらなかったので、
2つあった本棚を1つだけ残して、
残りをそこに入れている。

また、パソコン近くの本棚にも置いている。

将来的には、もう少し整理していきたい。

それにしても・・・
私が電子書籍を手にする日は来るのだろうか?
 2014.10.13 Monday 15:27 本・紙物・メールの整理 permalink