<< 婦人科検診、その後のあれこれ | main | 岩田真理『流れと動きの森田療法』(白揚社/2012年) >>
基礎体温のグラフと、黄体機能不全による不正出血
そんなこんなで、
婦人科のかかりつけ医ができたので、
何か心配ごとがあるときには、
抵抗なく行けるようになった。

とはいえ、昨年2月に微量の出血があったときには、
「うーん、この程度で病院に行っていいものか…」 と、
心配症の私でも(私だから?)迷った。

こういうときって、あれこれ検索しては、
質問掲示板などを読みあさったりするものだと思うけれど、
やっぱり気になるときには
病院に行くのがいちばんいいのだと思う。
心配ないとわかればそれがいちばんいいのだし。

また、たとえ病院に行くのが大げさと思えても、
逆にいえば、 そういうときにどういう対応をする
病院・医師なのかということを、
確認する機会にもなると思うのだ。

ほんでもって、その後は特に
異常は見られなかったのだが、
先日、前回の生理開始18日目に
あきらかな出血があった。

私はけっこう生理周期が安定しており、
ずれても±2〜3日程度で、
いまは26日くらいだから、
24〜30日くらいならばあり得るが、
18日というのはさすがに短い。

前回と違ってはっきりとした出血だから
(急に生理が始まったような感じ)
これはもう、大手をふって(!?)
病院へ行っていいだろうと判断したしだい。
(やっぱり自分にとっては、
「この症状で病院に行ってもいいのかな…」と
 迷うことそのものがストレスだったのだなぁと
 あらためて感じた。) 

私がお世話になっているクリニックは
現在、婦人科の診察が週に2回しかないのだが、
幸運にも翌日がその曜日だった。

が、基礎体温のグラフを作ってない。
手描きでおおまかに描こうかとも思ったが、
何しろ微妙な体温の変化を記録するものなので
そういうわけにもいかない。

なので、病院に行く前に、大急ぎでExcel…
ではなく、KingsoftのSpreadsheetsで入力し、
3周期分の折れ線グラフを作った。

1月はさぼりぎみだったので、
途切れ途切れのグラフになっってしまったが、
2月はしっかりとつけていた。
そして、いつもより周期が長かった。

この、「急いで作った」おかげで、
今後はこれでいこうと思える
つけかたを見つけられてよかった。

考えてみれば大事なのは周期と体温変化なのだから、
グラフまで日付を入れる必要はないのだよな。

前は、グラフにも日付を入れて、
2周期分を横長に貼り合わせてもっていったのだ。

知りたいのは変化だから、
表のほうに「2/22〜」というふうに
生理開始日だけ書いておいて、
まず縦方向に通し番号を入れ、
その横に周期ごとに数値を入れて、
周期ごとに折れ線グラフをつくり、
並べてみればいいわけだ。

その急ごしらえのグラフをもって、朝一で病院へ。

予約をしていなかったので
かなり待つだろうと覚悟して行ったのだが、
9時からの人がキャンセルになったらしく、
すぐに診てもらえた。
何かとタイミングがいい。
(いちばんありがたかったのは、この症状が、
 娘の入学式と重ならなかったこと。)
なんだか守られているなぁ!
ありがたいなぁ!と思った。
春ってそういう季節なのかもしれない。>
あるいは私のバイオリズムか。

で、結果的に、検査をすることもなく、
黄体機能不全による不正出血、
つまりは生理がはやくきた、
という診断がくだされた。

そういう診断がすぐに出たのも、
基礎体温のグラフのおかげ。
これがなかったら、
体がん検査をしていただろうとのこと。

何しろきのうきょうで
体温が落ちてきているので。

また、前回周期が長かったのは、
質のよい排卵があったからだろうとのこと。

先生の説明のなかで黄体という言葉が出てきた。

黄体ホルモンならばきいたことあるけど
黄体そのものがよくわからなかったので質問すると、
先生はイラストを見せて説明してくださった。

それから、質にはいろいろあるということを、
「冷凍肉まん」の比喩でも話してくださった。(^^;

私は現在49歳だから、
しばらくはこういう不安定な時期が続いて、
閉経をむかえるということなのだろう。

なお、心配したほうがいい
出血の特徴についてうかがったところ、
「たらたら続く」のは要注意らしい。

ちなみに、日本人の閉経の平均は
50.5歳(だったかな?)といわれているらしいが、
先生の感触では、49歳より前の人はほとんどいないし、
53歳以降の人もほとんどいないとのこと。
つまり、ほとんどの場合、
50〜53才で閉経になるということらしい。
(もちろん、あてはまらない人もいるだろう)

だから、この不安定な状況は、
私の場合、MAX3年ということになりそう。

それまでは基礎体温をつけながら、
定期健診も受けて、
様子をみていこうと思っている。

なお、このクリニックは
自治体の受診券を使う
特定健康診査も受けられるので、
今年はじめてお世話になってみた。

病院もきれいだし流れもスムーズなので、
今後もこちらにお世話になろうと思っている。

婦人科の先生が
「このあいだも貧血がなくてよかったですね」
とおっしゃっていたので、
カルテは共有されているのだろう。

やっぱりかかりつけ医がいると、心強い。
 2014.04.15 Tuesday 10:42 健康 permalink