<< “きずな依存” “つながり依存” そして「同調圧力」 | main | 米田智彦さんが語る、「二重扉化」の話が面白かった。 >>
ネット生活と、言葉が持っている力。

米田智彦『デジタルデトックスのすすめ』を読んでいる。



前々回前回と第1章をのぞいてきたが、
次は第4章に進んでみたい。

  なお、第2章・第3章では、
  「具体的にどのようにして
   デジタルデトックスをやっていけばよいのか?」
  ということについて、
  著者である米田さんの経験談が綴られており、
  経験談であるとともに
  ガイドブックにもなっているので、
  興味のある方は、是非、本を読んでみてください。
  もちろん、これは一例であり、
  他にもデジタルデトックスのやり方は
  いろいろあるのだろうと思う。
  私も、もう少ししたら、自分なりの
  デジタルデトックスをさがしてみたい。

さて、第4章は
「デジタル時代の心のつくりかた」
というタイトルで、
早稲田大学人間科学学術院教授の
熊野宏昭さんのお話がまとめられている。

熊野さんは『ストレスに負けない生活』(ちくま新書)
などの著作がある方で、
リラクゼーション、瞑想などの
薬物を使わない治療における脳科学的研究や、
臨床医療の現場での心身症やパニック障害などの
心理学的研究を専門とされている方なのだそう。

その熊野さんいわく、
「デジタル社会になったことで、
 書き言葉が氾濫していることが一番危険」だと。

 

対面でのコミュニケーションと違い、テキストのみのやり取りでは、ポジティブにもネガティブにも過剰に盛り上がる。実はそこには「現実がないところで言葉のつくり出す世界ばかりがどんどん大きくなっていくという問題がある」というのです。

(p.129)

さらに、ネット上での
テキストを使ったコミュニケーションは、
うつや不安障害に苦しむ人たちの
思考パターンに似たところがあるらしい。

 

 

「うつや不安障害に苦しむ人は“考えすぎる”ところに捕まってる人だといえます。その思考パターンとして注目されているのが、『反芻(ルビ:はんすう)』心配』という考え方です」

(p.130)

たとえば、昔の嫌なことや失敗したことを思い返して、
クドクド、クヨクヨ後悔しつづける。(反芻)

また、将来のことを取り越し苦労する。(心配)

これって結局、「過去と未来」に心を奪われていて、
現在を生きられていないってことなんだな、
と思った。

このふたつの思考パターンは、
うつ病や不安障害と
関係が深いことがわかっているそう。

また、ネット上のコミュニケーションだけでは、
病気でもなんでもなかった人たちでも
無意識に「反芻」と「心配」を繰り返し、
ストレスをため込みがちだ、と。

メールを読み返してはクヨクヨしたり、
LINEの「既読スルー」があれば
「嫌われているのではないか」と
考えつづけてしまう。

そんなネガティブな感情や疑心暗鬼が
複数の人間の間で増幅されていくという特徴がある、と。

では、こうしたネットの負の側面に
とらわれないためにはどうしたらいいのか。
米田さんは、熊野さんのお話をもとにして、
言葉が持っている力を
改めて認識することだ、と語る。

 

 

僕らが考えている以上に言葉というものは強い力を持ち、そして一歩間違えば、相手にネガティブなイメージを与えてしまうのです。それを理解しておくことは、これからデジタル社会を生きていくための重要なリテラシーになってくるでしょう。

(p.131)

私も、言葉というものは、
強い力を持っていると思う。

それこそ第2章では、
ネット依存の治療現場で
「書き出すことで視覚化して、
 かつそれを何度も見直すこと」
が行われている話が出てくる。

こちらは、書き言葉の力を、
よい方向に利用している例だと思う。

だからこそ、その言葉の力を、
ポジティブな方向、
自分を元気にする方向に使うことを
意識することが大事なのかもしれない。

それと同時に、五感を大切にする。

で、このあと本では、
マインドフルネスの話に入っていくのだが、
「ん? これってヴィパッサナー瞑想と同じことでは?」
と思いきや、実際に話が進んだところで
「ヴィパッサナー瞑想(マインドフルネス瞑想)」という
記述があった。(サマタ瞑想との違いにおいて)

さらに第4章の終わりのほうでは、
「自分の状態そのままを感じ取るようにする」話や
「苦しくなる因(もと)を自分でつくりだしている」話が
出てくるのだが、このあたりは、
いま読んでいる森田療法の本にもつながる気がするので、
いずれそちらのほうとあわせて読んでいけたらな、
と思っている。

(つづく)

 

 2014.02.23 Sunday 10:43 『デジタルデトックスのすすめ』 permalink