<< 40代歯列矯正、保定期間1年め終了 | main | 検針器を買って考えたこと/感知できるものできないもの >>
「願いごと手帖」6年目に入っています。

願いごと手帖、6年目突入。
こういうことは続くんだなぁ、私。

出会いは2008年の9月

あのとき見つけたシンプルな白いノート
いまではおなじみのMDノートをまだ使っている。

6ヶ月めの感想はこんな感じ

願いごと手帖をとらえなおす機会もあった。

また、おととしの暮れには、
2つのことを考えた。>(1)(2)

何度か、やめようかな…と思ったこともある。

そして3年9ヶ月め

それがいつのまにか5年たってるし。

これまでの願いごとは445個。
(通し番号をつけているのだ)

今年の願いごとは110個。

(ただし、気がかわったか何かで
 消している願いごともある)

そのうちかなったものが19個。

今年の願いごとをながめてみるにつけ、
TO DO リスト、
あるいは努力による習慣づけで
対応できるものが
けっこう混ざっているのではないか?
ということ。

で、実は11月ごろ、別の本を参考にしながら、
期間限定で願いごとをかなえるための
ノートを作ってみたのだが、
うまくいかなかった。

アレンジすればそれなりに意味がある気がするので、
気が向いたらまたやってみよう。

ふりかえって思うに。

毎日のように願いごと手帖を広げる時期もあれば、
ぱったり開かなくなって忘れている時期もある。

そういうもんなんだろうな。

それにしても、ももせさんの「願いごと手帖」
けっこう普及しているような気がする。

 2013.12.28 Saturday 16:24 願いごと手帖 permalink