<< 急な事情で実家を取り壊すことになった | main | 歯列矯正の仕上げの前に、一般歯科にて >>
歯列矯正、リテーナー期に移行

微調整に時間がかかっていた歯列矯正。

ようやくブラケットがはずれて、
きのうからリテーナーによる保定期間に入った。

ここにくるまでに4年かかりました。

私のリテーナーはワイヤーのもので、
内側に歯茎の形にそって
プラスチック(ピンクの透明)がついている。

ブラケット&ワイヤーをはずすと
歯がまた動いてしまうので、
それが動かないように固定する装置。

これを1年間、
食事と歯みがきのとき以外
ほぼ24時間装着する時期を経て、
そのあと1年間は、
家にいるときにつけるだけでいいらしい。
すなわち、すべて終わるには
最低あと2年間はかかるということになる。

でも、今後は、これまでのように
月1回矯正歯科に行く必要はないので、
負担はだいぶ減るだろう。

ちなみに、リテーナーは、
壊れてしまうと新しく作るのに
2万円かかるとのこと。
丁寧に扱わなくちゃ。

それにしても、ほぼ24時間口のなかに入れて
長期間耐えられるってことは、
金属もプラスチックも
それなりのものを使っているのでしょうね〜

 2012.11.21 Wednesday 18:52 40代の歯列矯正 permalink