<< 石灰乾燥剤を生ゴミといっしょに捨ててはいけないことについて | main | そういえばまだ紹介していなかった強迫神経症のおすすめ本 >>
食品品質保持剤の場合はどうなるのか
先日久しぶりに、
1個だけで包装されて売られている洋菓子を買った。
パウンドケーキとワッフル。
どちらにも食品品質保持剤が入っていた。

パウンドケーキのほうは「オイテックL」。
日本化薬フードテクノ株式会社の製品で、
シリカ・エタノールと書いてある。
エタノールガスを蒸散させてカビを防ぎ、
食品をソフトに保つのが目的であるらしい。

ワッフルのほうは「アンチモールド・テンダー」。
こちらはフロイント産業株式会社の製品で、
エタノール・吸液ポリマーと書かれてある。
こちらもエタノールガスの蒸散が目的であるらしく、
食品の保湿と防カビを目的としたものであるらしいが、
ジェル状のエタノールを使っているとのこと。

私ってば、こういう食品の袋に入っている小さい附属物は、
乾燥剤以外は脱酸素剤的なもので、
「脱」を目的にしていると思っていたのだけれど、
これらは「蒸散」するのですね。 

ほんでもって、
「あんまり意味はないんだろうな」と思いつつ、
吸着型乾燥剤だろうか品質保持剤だろうが、
ビニール袋に入れるなどして、
水気に触れないようにして捨てていたのだが、
どうやら上記のアンチモールド・テンダーや脱酸素剤は
不燃ゴミとして捨てたほうがいい(場合が多い)らしいのだ。

脱酸素剤といえば、いま手元にエージレスがある。
http://www.mgc.co.jp/seihin/a/ageless/
鉄が錆びる時に酸素と結合する働きを応用したものらしい。
なるほど。中身が鉄粉なら、不燃ごみだな・・・
でも、包装材は可燃ごみなんじゃなかろうか。

鉄系のほか、有機系と言われる脱酸素剤もあるらしい。

ううむ。

こういうものの捨て方が気になるなら、
食品品質保持剤が必要な食品を
あまり買わないようにするのが、
いちばん話は早いのかもしれない。

でも、今回検索してみて、勉強になったし面白かった。

身のまわりのものの仕組みが1つわかると、
安心が1つ得られる。

と同時に、なぜこんなにいろいろな
「食品を守る化学テク」が必要なのか、
ということを考えるきっかけにもなりそう。
・・・だったのだが、
今回はそこまで思いをめぐらせられなかった。
また今度。
 2012.06.26 Tuesday 16:10 キッチンまわり・水まわり permalink