<< 歯列矯正11ヶ月め | main | 生活の等身大化は、高齢になる前に >>
歯列矯正中の噛みにくさ

歯列矯正中の困りごとといえば、
歯の噛み合わせがずれて、ものが噛みにくいこと。
私はもともと奥歯の噛み合わせは理想的だったそうで、
「すりつぶす」という機能はよく働いていたのだろうと思う。
しかし、ワイヤーを装着することによって、
前歯のみならず奥歯のほうの歯の位置も変わってくるので
その時々で微妙に噛み合わせがずれて、
なんだかものがよく噛めない。若干イライラ。
時期によっては、前歯のヘンなところがあたってしまう場合も。

そんなこんなで、本来、歯列矯正中というのは、
食べ物に気をつけておかないと、
胃腸に負担がかかってしまうような気がする。
っていうか、きっとみなさん、気をつかっているのだろう。
私ってば気をつけていないし…

でも、上も下も前歯のガタガタはほぼなくなって、
あとは抜歯によってできたスペースが詰まるのを待つだけ。

矯正が終わる日を楽しみに、
なんとか乗り切っていこう!

 2009.09.25 Friday 08:34 40代の歯列矯正 permalink