買ってよかったもの6選(2017年)
買ったかもしれない貯金の記録のことを書いたので、
逆に今度は、買ってよかったものをふりかえってみることにした。


************************


第6位:茶色の布





いきなりそれってどうよ…な品物ではあるが、
これがなかなかよかった。

座布団カバーを替えたかったので、
生地屋さんで布を探しているときに見つけた。

1着分切った状態で、ワゴンで売られていたかと思う。
生地の種類がよくわからないのだが、
厚手でしっかりしている。
スーツ用か何かだろうか。952円。

この生地で、姉に座布団カバーを2枚作ってもらい、
残りの生地で椅子の座面を2脚分貼り替えた。
まだたくさん残っているので、次のときにも使えそう。


第5位:アクリル毛糸キッチンスポンジ

われながら地味な買物で悲しくなってくるが、
これがなかなかよかった。
袋はもうないのでメーカーがわからないのだが、
Amazonで探したところ、いちばん近そうなのが、
ワイズ「アクリル毛糸キッチンスポンジ3P KM-004」↓





これまでいろんなキッチン用スポンジを試してきて、
ようやくわが家の定番にしようと思えるものに出会った。

のに・・・

近所のスーパーで売らなくなってしまったのだ。
また入荷してくれるといいのになぁ。


第4位:『今はじめる人のための俳句歳時記 新版』
     (角川ソフィア文庫)






おもにプレバトの影響で俳句に興味をもち、
簡単な歳時記が欲しくなって購入。

基本の季語だけが載っているようなのだが、
すべての季節が入っているし、
値段も手頃で、ちょうどよかった。

まだあまり実作はやっていないのだが、
それぞれの季語を使った俳句が示されているので、
鑑賞用にもなる。

そのなかから好きな俳句を書き出して、他の句も加え、
自分の好きな俳句の手作り句集を作ろうとしているところ。


第3位:エンディングノート



エンディングノートのことは、過去に記事を書いている↓
エンディングノートを買った話
Webサイト関係のIDなどを書き出してみてその数に驚いた

Webサイト関係のIDやパスワードについては、
エンディングというより、いまの自分にとても役に立っている。


第2位:歯のお掃除スポンジ

クリアデント歯のピーリングスポンジ



コーヒーをよく飲むせいか、上下の前歯にけっこう着色がある私。
歯列矯正を経験したこともあり、歯の手入れは怠らないほうだし、
検診にも通って歯医者さんでお掃除もしてもらうけれど、
着色はなかなか難しい。

過去には、いつもお世話になっている一般歯科で、
ジェットクリーニングなるものを受けたこともある。
5000円くらいする。

受けてみてわかったのは、確かにそのときはきれいになるが、
結局、しばらくすると汚れがついてしまうということ。
しかも1回きれいにすると、
汚れが余計に気になってしまうということ。

というわけで、このスポンジを試してみたしだい。
ものすごくきれいになるということはないが、
まったく汚れがとれないということもない。
逆にそのくらいの効き目のほうが安心する。

歯を傷つけないのか心配だが、そこは信用することにした。
なお、お世話になっている歯医者さんにも報告済み。
着色には超音波の歯ブラシか何かが有効らしいが、
そういう費用をかけるのはひとまず見送って、
スポンジを試してみたしだい。

薄くなったら新しいのに変えるのだけれど、
やはりすぐに薄くなるので、感覚としてはほぼ使い捨てタイプ。
実際、パッケージにも週に一度の使い捨てタイプと書いてある。
ちなみに私は10日に1度の割合で使っていた。

「いた」と過去形になっているのは、
少しきれいになって、以前ほどは気にならなくなり、
様子をみているところだから。

他にも同じような機能の商品があるようなので、
次は別のものを試してみようと思っているところ。


第1位:囲碁・将棋・麻雀のゲームソフト

100万人のためのお得セット 3D囲碁・将棋・麻雀



1位がそれかよ…な商品ではあるが、
これがとてもよかった。

こういうものを初めて買ったので、
比較してよかったというわけではないのだが、
とにかく遊びまくっており、
完全にもとをとっているので第1位。

もともとは藤井四段の活躍の影響で
将棋をやってみたくなって購入したのだけれど、
将棋以上に麻雀ゲームが活躍中。

ゲームばかりしていて家事がすすまないかというと、
その逆で、家事がよくすすむ。

私はインターバル家事と称した
あまり褒められたものではない家事をすることが多いのだが、
その作業に麻雀ゲームはとても向いている。

1局終わるたびに一仕事をすると、
まあ、家事が片づくこと片づくこと。

おそらく、ゲームの区切りが腰をあげるきっかけになっているのと、
ゲームをして遊んでばかりいるという“うしろめたさ”が
背中を押しているんじゃないかと思う。

ついでにデータをとったりなんかして、
プラスアルファの楽しみ方もしている。
親子ブログで記事書いてます↓

麻雀ゲームで役のデータをざっくりとってみて、思ったこと
再び麻雀のデータをとりながら「あれ?」と思ったこと


************************


そんな1年でした。
 2017.12.25 Monday 12:35 ものの管理 permalink  
うちにあるもの全リスト化をめざしている話
うちにあるものを
すべてリストアップしたいという願いをかなえるべく、
昨年くらいから「ROOM MAP」なるものを作っている。

部屋の間取り図に番号をつけ、
番号ごとにあるものをすべて書き出す作業。

最初は手書きでメモ用紙に書き、
ライフログノートに貼っていたのだけれど
これがまあ、やってみるとすごくあることがわかって
メモ用紙じゃおいつかなくなったのだ。

そのあと、薄めのノートに手書きでやろうともしたが
結局いまはパソコンで作ってプリントアウトしている。
見た目もいいし、修正も簡単だし、
バージョンアップさせるのにとても便利。

そして、できたものを見ながら、
対応をあれこれ書き込んでいる。

こういうことしているあいだに掃除でもしろよ〜〜〜
と自分で思うのだけれど
どうにも私はこういう作業が好きらしい。

なぜこういうことをしたいと思ったのか
もともとの動機の記憶をたどってみると、
金子由紀子著『持たない暮らし』に示されていた
雑誌「婦人之友」のデータがきっかけだったように思う。
ある家族の、家中すべての持ち物をカウントした数。

それで、自分が生活するために
いったいいくつのものを使っているか
できるものなら数えてみたいと思ったのが
始まりだったような気がする。

いまは、数を数えたいという気持ちはなく
うちにあるものすべてを把握したいという願いから
こういうことをやっている。

わが家は1LDKの親子2人暮らしで、
ものはそんなに多いほうではないと思うのだが
それでもまあ、部屋のなかには
たくさんのものがあることに気づく。

ちなみに、同じようなものがたくさんある場合は
まとめて示すこともある。

容器や種類などもいろいろと階層があって
最初は書き方が難しかったのだが、
何度か書くうちにようやく落ち着いてきた。

たとえばこんな感じ↓
(ちょっとアレンジしてあります)

================

4.洗濯機まわり

衣類乾燥機・スタンド
マグネットフック2個
靴用ハンガー
洗濯機

洗濯かご
  洗剤・詰め替え用
  カビ取り剤
  せんたくもの

3段引き出し
  バスタオル 8枚
    ピンク無地2枚
    チェック/厚手花/亀模様
    茶ピンク/プーさん黄色

       ・
       ・
       ・

================


衣類は別のページにまとめて一覧を作っている。
私と娘それぞれで、大きなくくりが
「下着」「トップス」「ボトムス」「アウター」
「小物」「パジャマ」「制服」などで、
季節の書き分けはこんな感じ↓


================

トップス

夏:めがねTシャツ
夏:ボーダーTシャツ
     ・
     ・
     ・
春・秋:ボーダースキッパ―
春・秋:白VネックTシャツ
     ・
     ・
     ・
冬:グレータートル
冬:茶色ドットタートル
     ・
     ・
     ・

================


洋服の場合、実際に収納している場所には
「季節のトップス」「オフシーズン上着」
などと書いている。

現在、95パーセントくらいまでできていて、
全リスト化まであとひといき。
なお、A4用紙27枚を2つ折りしての1冊で、
できあがりは
願いごと手帖」「ライフログノート
と同じA5サイズ。
ちなみに私はスケジュール帳もA5サイズ。

いま稼働中の「ROOM MAP 2017(下半期)」 は、
KINGSOFTのエクセルを使って
A4横置きサイズに、中央をあけて4列に入力し、
プリントアウトしたあと半分に折って、
パンチで穴をあけ、
ペーパーファスナーでとめている。

部屋を整えたいという気持ちは
もちろんあるけれど、
この作業はもう完全に「趣味」。

私がこういうことをやってると、娘から
「ママはしあわせそうでいいなーー」
とよく言われる。

確かにそうなのかもしれない。

いつか、趣味が実益につながりますように…!?
 2017.09.13 Wednesday 12:09 ものの管理 permalink  
本の埃とカビ臭さをなんとかすべく、本棚をやめてボックスにした。
わが家は、間取りとしては1LDKになるのだけれど、
その「1」を寝室として使いつつ、
衣類置き場にもなっていて、壁際に本棚を置いている。

で、この部屋は埃がすごい。

布団のあげおろしで
かなりの埃を撒き散らしているからだろうか?

したがって、本棚と、
そのなかの本の小口…というか、
天地の天の部分が埃だらけ、
おまけに家(部屋)全体がカビ王国なので、
もちろん本もカビ臭い。

どうにかしなくてはと前々から思っていたのだが、
このたびようやくどうにかした。

もう本棚をやめて、
蓋付きのプラスチックケースに
本を入れることにしたのだ。

ストックボックス的なものも検討したのが、
できれば本の出し入れがしやすいとありがたい。

で、あれこれ探す中で
ちょうどよいケースを見つけた。

アイリスオーヤマの、
ラックコンテナFRC-40クリアなるもの。
スタッキングができて、棚としても使える。
しかも、フタもある。

これを6個購入し、
フタの部分が前にくるように2段に並べて、
本をざっと拭いて中に並べ、
乾燥剤を入れてフタをしている。

少なくともこれで埃は入らないはず。

カビは結局残ってしまっていると思うが、
そのまま放置するよりはましなんじゃないかと
期待しているところ。

しかも、引越しの際にも荷造りの必要がないし!?
(当分、予定はないけど)

ただ、全部の本は収まりきらなかったので、
2つあった本棚を1つだけ残して、
残りをそこに入れている。

また、パソコン近くの本棚にも置いている。

将来的には、もう少し整理していきたい。

それにしても・・・
私が電子書籍を手にする日は来るのだろうか?
 2014.10.13 Monday 15:27 ものの管理 permalink