受けとるべきメールを受けとるための対策

先日発覚したメールの管理ミスはショックだった。
基本的に心配性の私は、
「大事なメールを見落とすことがあるかも・・・」
という気持ちはつねにもっている“つもり”でいて、
英文のみのスパムメール用フォルダも、
迷惑メール用フォルダも、
仕訳だけを行って削除をしていなかったのに、
ちゃんと確認もしていなかったわけで、
結局、心のどこかで「まあ、そういうことはないだろう」
と思っていたのだ。
しかし、「そういうことはない」ことはないのだ。

思えば、そもそも本来の「受信箱」を、
海外からのスパム用にしていたのが間違いだった。
ここから平仮名を含むものを
「日本語のメール」フォルダにうつしていたのだけれど、
これって言ってみれば、
迷惑な招かざる営業員たちを“母屋”にたむろさせといて、
友人、知人、用事がある方、そして大事なお客様を
“離れ”に通していたようなものではなかろうか!?

今回、なぜこういう事態が起きたのか、
理由はわからないのだけれど、
何かでほんのちょっとの時間差ができてしまって、
本来の仕訳が行われないまま、
その2通が受信箱に残ってしまったのかもしれない。

また、昨年11月くらいから
日本語のスパムメールがすごいので、
「日本語のメール」フォルダから、
語句を指定して(これがまた不愉快な作業なのです)
「迷惑メール」フォルダに送っていたのだが、
いったん、「受信箱」から「日本語のメール」に
送られるためなのか、
すぐには「迷惑メール」フォルダに移らなかった。
コピーができていたのかもしれない。
だから、手動で仕訳を「実行」していたのだ。

なんのことはない、もしかすると、
迷惑メールを自分で増殖させていたのかもしれない。

 ああ・・・ なんてこったい・・・

気がつけば、
英文のみの迷惑メールはずいぶん減っている。

なので、まずは「日本語のメール」の仕訳を解除した。

そうしたら、受信箱から日本語の迷惑メールが
ダイレクトに迷惑メールフォルダにうつって、
受信した時点でメールがとても確認しやすくなった。

これまで、「迷惑メールを排除する」ことに意識を向けていたが、
これだけ数が多いと、むしろ、
「大事なメールをキャッチする」ことのほうに意識を向けたほうが
いいのかもしれない。

今回、2通のメールを見つけられたのも、
「もしかしたら・・・」と思い、
私の名前を知らない方から届くかもしれないメールに
含まれている可能性のある語句(たとえば、TATAなど)を
考えられる限り指定して、「受信箱」を仕訳したら、
見つけることができたのだ。

というわけで、別のフォルダも、語句指定で仕訳を行い、
まずは「救い出し」のためのフォルダにうつして、
内容を確認している。

お部屋の片づけでいえば、
「何を捨てるか」ではなく、「何を残すか」へ
シフトした感じだろうか。

あわせて、迷惑メール対策やメール整理法について
ネットで検索をしているところ。
世の中の迷惑メールの数って、すごいんだなぁ・・・

というわけで、今年まずやるべき「お片づけ」は、
メールボックスの整理に決定。

毎日、少しずつ改善していこう。

 2012.01.04 Wednesday 15:57 ネット生活 permalink  
お詫びとご連絡:メールの返信について

先ほどメールボックスの整理をしていたら、
このブログを読んでくださった方からのメールが、
何かの手違いで、海外からの迷惑メールの対策用の
フォルダに入っていたことが判明しました。(>_<)
(もう1件、別のメールも入っていました)

実は、昨年11月くらいから、
日本語のスパムメールもすごくて(うちだけじゃない?)
相手が一定していないので、
こちらはワード指定で地道に別フォルダに送っていました。
(きょうだけですでに100件以上入っています)

もしかすると、見落としているメールや、
どこか別のフォルダに送られてしまったメールが
ほかにもあるかもしれません。

誠に申し訳ありませんが、
メールを送ったのに一度も返信がない場合は、
もう一度送っていただけましたら幸いです。
(メールをいただくこと自体ほとんどないのですが、
必ず1度は返信しています)

新年そうそう、こんなお詫びとご連絡で申し訳ありません。



  迷惑メール対策、考えなくちゃな・・・

  どうしようかな・・・

 2012.01.02 Monday 17:07 ネット生活 permalink