「こんまり流」片づけ、本の段階でさっそく行き詰まったけれど、やろうとしてみてよかった話
近藤麻理恵さんの本を買ったのはだいぶ前なのだが、
(そしてKindleでもう1冊買っちゃったのだが)
こんまり流片づけの実践はしていなかった。

で、この冬の間に本を読み返してみて思うところがあり
実践してみることにした……のだが。

洋服はきわめて順調だったのに、
本の段階ですでにあっさり行き詰まってしまったしだい。

ときめかない本がどうしても捨てられない。

もしかして自分にとって、
本は「思い出品」のカテゴリーに入るのではないか?
と、無理やり解釈してみようともしたが、
そうではない本も結局捨てられない。

捨てられないのならときめいているのでは?
と自問してみても、
やっぱりときめいていないと答えが出る。

図書館で借りられそうな本、
再び入手することが困難でなさそうな本も、
どういうわけか捨てられない。

そういう本ほど逆に手元にあれば、
ちょっと参照することができて
便利そうな気がするのだ。

あのとき手放さなきゃよかった・・・
と後悔しそうな予感がどうしても払拭されない。
実際、それに近い経験をしたこともあるし。

というわけで、
ひとまず本の整理はあきらめることにした。

が、ちょっといいこともあった。
本を全部出して並べ替えたおかけで、
読みたい本がすぐにとれるようになったこと。

わが家は埃とカビ対策のため、
2年半前頃から、本棚をやめて、
ラックコンテナに移行する試みをしている()。

その後、完全に本棚は撤去し、
同じサイズのラックコンテナ12個を、
いくつかの場所に分けて、
上下2段に積み重ねて使っている

本のみならず、いろいろな保管品も入れている。

本棚ではないので、
効率よく本を並べるには工夫が必要になる。

で、ブックラックを新たにいくつか購入し、
資料としてとっておきたい本を背面に並べ、
前面にブックラックを倒した状態で置いたなかに
読み返す可能性の高い本を並べ、
ブックラックの上にも何冊が本を置いておくことにした。

そうすると、ブックラックの中に並べている本も、
ブックラックの上に置いている本も、
無理なくとることができる。

そして、空間ももったいなくない。

さらに、資料としてとっておきたい本だけを、
平積みにして置いておくスペースも作った。

もはや完全にこんまり流片づけからははなれてしまったが、
持っている本を確認できたことと、
少ないながらも何冊か手放すことができたこと、
本の並べ方がよい方向にむかったのはよかったと思う。



という記事を書き始めたのが約1ヶ月前。

その後、本ボックスが視野に入るたび
並べ替えてよかったなぁ…と思う。
だからきっと、意味はあったのだ、うん。
 2017.05.02 Tuesday 11:34 本・紙物 permalink  
本の埃とカビ臭さをなんとかすべく、本棚をやめてボックスにした。
わが家は、間取りとしては1LDKになるのだけれど、
その「1」を寝室として使いつつ、
衣類置き場にもなっていて、壁際に本棚を置いている。

で、この部屋は埃がすごい。

布団のあげおろしで
かなりの埃を撒き散らしているからだろうか?

したがって、本棚と、
そのなかの本の小口…というか、
天地の天の部分が埃だらけ、
おまけに家(部屋)全体がカビ王国なので、
もちろん本もカビ臭い。

どうにかしなくてはと前々から思っていたのだが、
このたびようやくどうにかした。

もう本棚をやめて、
蓋付きのプラスチックケースに
本を入れることにしたのだ。

ストックボックス的なものも検討したのが、
できれば本の出し入れがしやすいとありがたい。

で、あれこれ探す中で
ちょうどよいケースを見つけた。

アイリスオーヤマの、
ラックコンテナFRC-40クリアなるもの。
スタッキングができて、棚としても使える。
しかも、フタもある。

これを6個購入し、
フタの部分が前にくるように2段に並べて、
本をざっと拭いて中に並べ、
乾燥剤を入れてフタをしている。

少なくともこれで埃は入らないはず。

カビは結局残ってしまっていると思うが、
そのまま放置するよりはましなんじゃないかと
期待しているところ。

しかも、引越しの際にも荷造りの必要がないし!?
(当分、予定はないけど)

ただ、全部の本は収まりきらなかったので、
2つあった本棚を1つだけ残して、
残りをそこに入れている。

また、パソコン近くの本棚にも置いている。

将来的には、もう少し整理していきたい。

それにしても・・・
私が電子書籍を手にする日は来るのだろうか?
 2014.10.13 Monday 15:27 本・紙物 permalink  
アルバム整理、完了

って、まだやってたんですか!>私

はい・・・ 

いや、さすがにずっとやってたわけじゃないんですが(^^;

ちなみにこれまでの経過は、次の通り。

 アルバム整理の計画 (2008年6月)
 アルバム整理大作戦 (1) (2008年10月)
 アルバム整理大作戦 (2) (2008年11月)
 アルバム整理のその後 (2010年2月)
 性懲りもなくアルバム整理 (2010年6月)
 

3年かかりましたか〜〜

結局、どういうふうに落ち着いたかというと、

 ・昔ながらのどっしりとしたアルバム2冊(娘の幼稚園行事)
 ・コクヨのメタリックアルバムのホワイト3冊(娘の小学校行事)
 ・無印良品のポリプロピレン3冊×4組=12冊

という具合。

なお、コクヨのメタリックアルバムの1冊と
無印良品のポリプロピレン2冊はまだ空なので、
当分の間、この冊数でだいじょうぶだと思う。

結局、パソコンの中の写真はプリントしないまま。

あいかわらず冊数が多いかもしれないが、
ポリプロピレンのラベリングも体裁が整ったことだし、
とりあえずはこれで完了とする。

これから先は、
新しい写真がわが家にやってきても、
所定の場所に加えていくだけだから、
ラクちんだ。(のはずだ)

 2011.12.20 Tuesday 23:32 本・紙物 permalink  
DMとチラシと広告
母の郵便物が転送されるようになって()1年と数ヶ月。
当初は、山のように届くDMの送り主に、
片っ端から電話をかけていたが、
確定申告同様、
いったん盛り上がって盛り下がると熱心さがなくなり、
その後は、たまに届くDMを、
電話しないまま処分してしまっていた。
(おせちのDMは季節ものということもあり、
とめてもらったけれど)

そろそろ残りもとめるか・・・と思い立ち、
きょう届いた健康食品関連のDMの会社に、
やっと停止願いの電話をした。

電話しちゃえば1分くらいのことなんだよな。

大抵の会社は、丁寧に対応してくれるし。

なんてことないことなんだけれど、
億劫なときには億劫なのだ。
特に人のことだと。
いや、うちに届いているんだから、うちのことか。

で、私のほうはといえば。

DMはほとんど届かないからよしとして、
うっとうしいのは郵便受けに入れられるチラシ。

みなさんどうしているのだろう?と思って検索したら、
こんなページを見つけた。

MNS相談箱
郵便受けに広告チラシを入れさせない方法はありますか?

ふむふむ、なるほど。

でも、「チラシお断り」の張り紙をすること自体が、
なんだかイヤなんだよな・・・

ちなみにこの地域ではどんなチラシが多いかというと、
不用品回収、不動産関係、ピザなどの宅配関係、
フレッツ光関係、エステやネイルサロン、それから共済関係。
共済関係は封筒に何枚も用紙が入っていて、
まるで郵便物状態。

思うんだけれど、これって、効果はどれくらいあるんだろう?
あってもなくても、
集客のためには配るしかないのだとは思うが・・・

そういえばきょうは、
Googleからアドワーズ関係の郵便も届いていた。
Google アドワーズは広告を出したい人のためのもの。
私はとりあえず用事がないので、そのまま処分している。

DMやチラシなど紙じゃなきゃいいかというと、
そういうこともなくて、
広告メールはそれよりもさらにうっとうしいし、
サイトに貼られている広告もときとしてうっとうしいし、
(Google AdSenseをやっている私が、
言えたことではないかもしれないけれど)
電話はもっと迷惑だし、訪問も歓迎できない。

うーん・・・

テレビコマーシャルをしているものではない商品を、
私はどのように知り得、
どのように選択して、購入しているだろうか?

必要ならばこちらから調べに行くので、
サイトつくるなり、お店に置いておくなりしてもらえば、
それでいいのだけどなぁ・・・
 2011.03.08 Tuesday 16:29 本・紙物 permalink  
足湯をしながら、古い手紙を整理する。

寒いのが苦手な私の冬の習慣は、足湯。

でも、今年は身体が
なかなかあたたまらないような気がする。
お湯を数回沸かして、
何度もさし湯するのだけれど。

きょう時間をはかってみたら、30分!
そうか、そんなにかかってるのかぁ〜 

足湯のときには、
基本的ぼーっとするのがいいのだと思うのだけれど、
そうは言っても、身体があたたまるまで、ヒマなのだ。

以前は、足湯中の読書を試みたこともあったが、
読書はどうも足湯に向いていないらしい。

で、最近、ハマっているのが、
足湯をしながらの手紙の整理。

その手紙というのは、実家からサルベージされた、
学生時代の手紙()。

友達や、姉や、おばあちゃんからの手紙、
教育観察や教育実習のときの生徒からの手紙、
あとはあんな手紙やこんな手紙も入っていて、
びっくりしましたよ私・・・
あとは年賀状なども。

前に整理した手紙は、
大学卒業後の20年分だったのだけれど、
今回整理する手紙は、その前のもので、
時代はさらにさかのぼることになるのだが、
手紙を整理しながらつくづく思ったことは、
人間が覚えていられるのは、
本当に、経験した出来事の、
ほんのほんの一部なのだなぁ、ということ。

つまり、けっこう中身を読んでいるのだ。

読んでいいことにしたのだ。

さすがに全部ではないけれど・・・

足湯中に整理するということは、
「読んでいい許可を自分に出す」
ということなのかもしれない。
まあ、平たくいえば、
手紙整理で時間を浪費していないという、
言い訳をしているようなものなんでしょうね・・・(^^;

また、逆に、身体が冷えてきたけど、
足湯どうしよかなぁ・・・とイマイチふんぎりがつかないとき、
「そうだ、手紙の整理もできるし」
とその気になれる。ような気がする。

こうなると、身体があたたまるのに時間がかかっても、
あまりやきもきしない。

  1通読んで、ほうっと息をついて、
  破ってゴミ袋に入れる・・・

  1通読んで、ほほえましい気持ちになって、
  少し丁寧めに手紙を破り、ゴミ袋に入れる・・・

  指し湯をして、また1通読んで、
  うーんとうなって空(くう)をみつめ、
  そして気をとりなおし、破ってゴミ袋に入れる。

20数年たっているので、
もはや個人情報というほどのことは
ないのかもしれないけれど、
一応、住所と名前があるものだから、
封筒も、小さくちぎってゴミ袋に入れる。

1回に対応できる量は10通未満だが、
それでも、足湯を数回したら、
3つに小分けされていたうちの1ふくろ分が形を消した。

「1通1通読みながらの整理なんて・・・」とか、
「手紙の整理に時間をかけるなんて・・・」とか、
「いつか気がむいたときに、エイっと作業しよう」とか、
“ねばならぬ”と思いつつ、結局ほったらかしになるならば、
“読みたいなら、読んでもいいよ”と寛容になって、
われながらなんて悠長な作業・・・とあきれながらも、
少しずつでも作業をしたほうが、
結果的には早く片付くのかもなぁ、
なんてことを思った。

というか、私にとって手紙の整理というのは、
そういう作業なのかもしれない。

     *     *     *  

それにしても、あのころ、
本当にたくさんの手紙をもらい、
そしておそらく、書いていたんだなぁ・・・

手紙を書かなくなったのは、
電子メールの登場がとても大きいと思うけれど、
それだけはないような気がする。

年齢的なものなのか・・・

状況的なものなのか・・・

 2011.02.14 Monday 11:42 本・紙物 permalink  
学校のプリントの管理方法を変えることにした
子どもが学校から持って帰るプリントのうち、
用事が終わったものに関しては、
3つのバインダー式ファイルに閉じていた。

子どもの学習用プリントと、
学校関係のものと、
PTA関係のもの。

そのそれぞれをさらに分類して、
インデックスをつけて整理していた。

否、整理しようとしていた・・・

この細かさ、もう限界でーす(^^;

 一時保存のファイルに
 たまっちゃってたまっちゃって・・・

もうすぐ小学校生活の半分が終わるにあたり、
分類して保管しても、ほとんどのプリントは
結局、何かに役立てるということはないということが、
やっとわかってきたというか、
ようやくそれを認める気になってきたので、
そろそろドライ(?)な方向で考えることにしたしだい。

過去のプリントを参考にすることはこれまでにもあったし、
あればあったで出番が絶対ないとは言えないのだが、
なければないでやっていけるような気がしてきた。

で、具体的にはどうすることにしたかというと、
無印良品のポリプロピレンの引出しの
薄いタイプを2つ購入して、
これまでの引出しの上につぎたして、
※仕様変更があるので注意が必要なようです
1つめは「今月のプリント」
2つめは「保存しておくプリント」
というふうにざっくり保管することにした。
(たしか、以前、プリント整理について検索したときに、
 引出しで管理する方法をどこかで読んで、
 それが頭に入っていたのだと思う。)

なお、現在進行形のものはクリアファイルに入れて、
子どもの机の本棚に。

バインダーファイルだと幅が広くて、
この本棚からはみ出すのがいやだったし、
ファイルを出す→バインダーをはずす
→プリントを分類して入れる
→バインダーをとめる→ファイルをもどす
という、別にどういうということもない作業が、
毎日のことだと億劫になるのだ。
否、毎日なんて絶対やってなかった。

そして、ついついクリアファイルにたまってしまっていたのだ。

引出し式にすると、
とにかくほいほい入れていけばいいので、
あとは「今月のプリント」をためないようにすれば、
なんとかなりそうな気がする。

さて、なんとかなるでしょうか!?
 2011.02.08 Tuesday 14:41 本・紙物 permalink  
「捨てられない」の背後にあるもの
整理整頓でいちばん苦手なのが「紙類」である私も、
最近は捨てられるようになってきた気がする。

紙類を捨てられない私の不安と欲について考えたり、
母の書類整理の作業()をしたおかげかもしれない。

しかしいざ捨てる段になると、
捨てられなかったというより、
たんに捨てなかっただけなんじゃいか??
という気がしてくる。

捨てるのが億劫だったんだなぁ・・・
(あるいはこわかったか)

何しろ、あるものを捨てることはできるけれど、
捨てたものをもう一度あらしめることはできないので。

でも、「捨てようと思えばいつでも捨てられる」
というのは、たぶん違うんだろうと思う。

考えてみれば、「捨てられない」という気持ちの背景には、
「できれば捨てたい」という気持ちか、
「捨てなければいけない」という気持ちがあるのだろう。
(だれかに捨てろといわれた場合をのぞけば)

そうでなかったら、
「捨てたくない」か「捨てない」という表現になるわけだから。
あるいは、「保存する」「保管する」「とっておく」「まだ使う」
というような、よりポジティブな表現になるんだろうと思う。

「捨てない」という行為には、いろいろなニュアンスがありそう。

「捨てない」

「捨てたくない」

「捨てられない」

「捨てるほどのことはない」

「なにもいま捨てなくてもいい」

「捨てる必要がない」

・・・

そしてその背後にある
「捨てられるといいかもしれない」
「捨てなければ」という気持ちにも、
いろいろなニュアンスがあるような気がする。

捨てようか捨てまいか迷ったときに、
このニュアンスに少し思いを馳せてみるのも、
わるくないかもしれない。


あいからわず私の片づけは、悠長だなぁ〜 (−−;


JUGEMテーマ:家庭
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
 2010.12.26 Sunday 16:42 本・紙物 permalink  
20代の自分に苦言を呈す!?
実家から送られてきた(いわばサルベージしてもらった)
荷物の中身は、本とアクリル毛糸だけではなかった。

私の古い手紙やノートも入っていた。
ノートは、学生時代の教育実習の記録。

大学卒業後、何度か引っ越したときに、
捨てられないけど部屋にも置けなくて、
実家に送りつけて保存してもらっていたのだろう。

で、私は私にものすごく驚いた。
ノートはとりあえずよしとしよう。
問題は手紙。
ふつーこれを実家に送るか??というような
ものも含まれていたので。
たとえ中身を読まれないとしても…
実際、袋のまま、手つかずで保存されていたのだと思う。

あれから何度も何度も帰省しているわけだけれど、
整理するという発想も皆無だったらしい。

2年前に、20年分の手紙の処分をしたけれど()、
それより前の分が残っていたのね…

量としては紙袋2つ分だけれど、その残し方に、
「おまえな〜〜」と言いたくなる40代の私なのであった。

でも、紙物に関しては、この現状では、
えらそうなことまだあんまり言えないかも…たらーっ
 2010.11.26 Friday 11:43 本・紙物 permalink  
本の行く末
帰省中の姉から、
「ショック〜」と電話がかかってきたことがあった。

姉の今回の帰省の最大テーマは「本の処分」であり、
処分というよりは、捨てるのはもったいない本を
だれかに引き取ってもらいたいと、
帰省前から言っていたのだ。

たとえば、文学書や随筆もの、
美術書(画集)、百科事典などが
シリーズでそろっており、
これを捨てるのはしのびなかったらしい。
自分が引き取ろうにも置き場所がないし。

しかし、出張買取をお願いしたブックオフの方は、
シリーズものは美術書だけを引き取ってくれたらしい。
まずは売れるかどうかという問題があるだろうし、
父はカバーが嫌いな人で全部はずしているし、
どの本も基本的にとても古い(何十年も前)なので、
条件を満たさなかったのだろう。

一方で、資源ごみに出すくらいのつもりで、
階段のところにホイと置いていた、
母の比較的新しい本
(病気・健康関係の本か実用書の類だと思う)は
持っていったらしい。

そうなんだよね…
ブックオフで引き取ってもらえる本って、
きっと、そういうものなんだろうね…

そんなこんなでアテがはずれて、
もったいないやら残念やら片付かないやらで、
がっかりだったらしい姉。

図書館に引き取ってもらうとか、
古本屋さんをあたるとか、
道がないでもないかもしれないが、
本だけでそんなこともやってられない
この状況なのだった。

で、例のお世話になっている方にお願いして、
処分してもらったのだけれど、
これがやはりけっこう大変だったらしい。

ちなみに私は、
遠山啓関係のものを送ってくれ、と頼んでおいた。
届いたのは、遠山啓著作集シリーズが3種22冊、
遠山啓ではないけれど関連したシリーズものが21冊。

荷物が届いた直後は、
頼んだはいいけど置き場所どうしよう…
と頭を抱えそうになたのだけれど、
入れてみたら本棚に全部入った。よかったよかった。

読書家で本をいっぱい持っている人とか、
蔵書家の人って、
本の行く末をどう考えているのだろう?

自分がいなくなる前に、
ちゃんと行き先を考えているのかな?

本は基本的に紙だから、
長期間保存するつもりならば、
それなりに気を使わなければいけないのだろう。

だから、もし、
本を売ったり人にあげたり寄付するつもりでいるならば、
(よほど希少・貴重な本は別としても)
できるだけ早いうち……一度読んですぐとか、
せめて1年以内くらい、長くても3年以内くらい…
に手放すのがいいのかもしれない。

でも、そういう本なら、私は図書館で借りるかな…

買ったけど大失敗、部屋においておきたくない、
と思う本だったら別だけど。
でも、そういう経験はいまのところないなぁ。
 2010.11.25 Thursday 08:42 本・紙物 permalink  
本棚を購入
新居において、本棚置き場は決まったので、
それに応じて必要なサイズのうち、幅と高さも決まった。
幅は80〜90cm、高さは180cmくらい。
問題は、奥行きと段数。

で、高さはともかく、
奥行きに差がありすぎる本を同じ棚におさめるというのは、
無理があるという結論に達し、
娘の図鑑と私の大きめの本、
娘の雑誌などは別のところに置くことにした。

それ以外の本を、同じようなサイズで積み上げたところ、
奥行きが20〜25cm、段数は7段以上必要だと判明。

近所のリサイクルショップで、
希望に近く、かなりお買い得な本棚を
2つ見つけたのだけれど、
サイズがいまいち条件を満たさない。

で、何日かネットで検索し続け、
お値段と相談しつつ、レビューを参考にしつつ、
気になるものをいくつかピックアップして検討した結果、
ベルメゾンで2個組の書棚を注文。

先月29日に発送のメール。

ところが、11/1になっても届かない。

不在通知票も入っていない。

もう最近、こういうのばっかりね…悲しい

で、佐川急便の配達店に電話。

翌日、配達された。

組み立ては、そんなに苦労しなかった。
 一度だけハンマーで指先を打った以外は…たらーっ
 なお、基本的にハンマーは必要ないのだけれど、
 時々木ダボが浮いてしまうので、
 それを軽く叩くためにゴムハンマーを使った。

賃貸マンションで転倒防止金具は使えないので、
別に転倒防止器具をAmazonで注文。
到着を待っているところ。

まだ本を入れていないので、
この書棚購入が正解だったかどうかは、
まだわからないのであった。
 2010.11.03 Wednesday 10:54 本・紙物 permalink