電子レンジの点検に来てもらってよかった〜
坂口恭平『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』
を読んでいるところだけれど、
電子レンジの点検のことを早めに書くことにした。

というのも、
シンプルライフの一形態としてのニート暮らしで、
「うちの電子レンジは道端で見つけて
 もらってきたんだよ(エッヘン!)」
みたいな感じで、若干ドヤ顔で(!?)書いていたので、
その自分の脳天気さを、早めに回収しておきたいがゆえ。

あの記事を書いた少しあと、
電子レンジでちょっと気になる症状が出た。
(正確にはオーブンレンジ)

扉が上から下にあく方式なのだが、
その日、たまたま扉の前に、ハンカチで包んだ
小さな保冷剤をおきっぱなしにしてしまっていて、
扉をあけて中のものを出すときに、
扉の表面が保冷剤に接触する形になってしまったのだ。

そうしたら、表面の一部が白濁したような状態になった。
内部で結露したのかとも思ったのだが、妙に白い。
しばらくすると白濁は消えた。
割れたりヒビが入ったりはしていない。

で、そのあとも電子レンジは使ったのだけれど、
だんだん不安になってきて、翌日からは使うことをやめ、
メーカーのサイト経由で問い合わせをしてみた。

お返事によると、この症状に関しては
直接見てみないとわからないとのこと。なるほど。

お返事を読んで気づいたのだが、私はおそらく、
「これこれこういうことが起きたのだと思います、
 心配ありません」
の一言がほしくてメールしたのだ。
でも、お返事を読んで、確かにそうだとしみじみ思った。

で、帰省直前だったこともあり、
点検・修理をお願いするときには
あらためてメールしますと返信して、
そのあとしばらくオーブンレンジなしの生活を送ってみた。

温めたいものは、鍋に入れて火にかけたり、蒸したり。
オーブンのかわりに魚焼きを使ったり。

しかし、オーブン機能はわりと大丈夫なのに対し、
やはり解凍したり温めたりするときに
電子レンジはあったほうが便利だなぁ・・・
という結論が出つつあった。

なので、
路上生活者の、電気とのつきあい方
を書いた日に、点検の申し込みをしたしだい。

もちろん、有料だということはわかっていて、
その料金も納得したうえで。

で、きのう見てもらったのだが・・・

来てもらって本当によかったと思った。

古いのが気になっていたこともあり(1987年製!)
安全に使えるかどうかも確認してほしくて、
それはなかなか難しいというお話だったのだけれど、
見た目にあきらかな不具合があれば、その限りではないわけで。

私はまったく気がついていなかったのだが、
扉の上の端が両方とも、少し欠けていたのだ。

何しろもらってきてからもう10年使っているし、
そのあと何度か引越しもしているので、
そういうことがあってもおかしくないかもしれない。

で、例の白濁は、同じ状況を再現してみせて、
最初は結露でしょうと言われたものの、
しばらくおいておくとやはり結露にしては白くて、
何かをこぼしたのか、ガラス向こう側に
何かが付着しているのかもしれない、とのこと。

表面のガラスと内側のガラスの間には空間があって、
そのあいだに黒い網状のものがあり、
(このあたりについてはネットでさんざん調べ済み)
そこはあけることができないので、
掃除もできないわけだけれど、
もともと、ゴムパッキンの隙間から
水分が入り込む可能性はあるうえに、
扉が欠けて隙間があるんだから、
それ以上入ってもおかしくないわけであり。

こういう状態のときには、
あまり近づいてのぞいたりしないほうがいい、
というお話だった。
(っていうか、基本、あんまり近くで
 のぞきこまないほうがいいんだと思う。)

さらに、アースの線が根元から切られていることもわかった。
幸い、事故も不都合も起きてないからよかったけれど、
知らない人からもらってくると、
こういうことがあるんだなぁ・・・と思った。

で、この機会に、
電子レンジにまつわる不安や気になりごとを、
あれこれあれこれたくさん質問した。

マイクロ波の話はもちろんのこと、考えられる事故の話など。
(お味噌汁とか牛乳を温めたときの、
 いわゆる突沸現象によるヤケドなどがあるらしい)

それから、買い替えはすでに考えていて、
近所のリサイクルショップに売っていることも
確認してあったのだけれど、
電子レンジは中古ではないほうがいい、
という結論も出た。
(これは考え方によるみたいで、
 私はこういう結論を出した、ということ)

また、オーブンレンジではなく、
レンジはレンジ、
オーブンはオーブン(あるいはナシ)で
いくことにした。

私が電子レンジに求めるものから、
どのくらいの値段の電子レンジを買えばいいか、
の目安もわかった。

そのほかも、昔の電子レンジといまの電子レンジの違いや、
ターンテーブルのことや、マグネトロンのことや、
音についてのことや、修理代のことなどなど。

そこで聞いた話を、
こと細かにここに書くわけにはいかないけれど、
とにかくこれだけ話をきいて3,360円なら高くない、
としみじみ思うことであった。

説明嫌いな人じゃなくてよかった。
(って、そういう人ならこの仕事つかないか・・・)
あと、へんに営業営業もしてなかった。

とにかく、なんでもかんでももらえばいいや、
ということではなくて、
ある程度、そのものについての知識があることと、
ちゃんと確認することできて判断することができる、
というのが、
「どういう使われ方をしてきたのかわからない」
ものをもらってきて使っていい人の条件かもしれないなぁ、
と思うことであった。

保冷剤を置いてしまったときには、
失敗した〜〜と思ったのだけれど、
それがなかったらずっと使っていた気がするので、
いい機会になって、本当によかったと思う。

 2013.09.06 Friday 10:38 キッチンまわり・水まわり permalink  
食品品質保持剤の場合はどうなるのか
先日久しぶりに、
1個だけで包装されて売られている洋菓子を買った。
パウンドケーキとワッフル。
どちらにも食品品質保持剤が入っていた。

パウンドケーキのほうは「オイテックL」。
日本化薬フードテクノ株式会社の製品で、
シリカ・エタノールと書いてある。
エタノールガスを蒸散させてカビを防ぎ、
食品をソフトに保つのが目的であるらしい。

ワッフルのほうは「アンチモールド・テンダー」。
こちらはフロイント産業株式会社の製品で、
エタノール・吸液ポリマーと書かれてある。
こちらもエタノールガスの蒸散が目的であるらしく、
食品の保湿と防カビを目的としたものであるらしいが、
ジェル状のエタノールを使っているとのこと。

私ってば、こういう食品の袋に入っている小さい附属物は、
乾燥剤以外は脱酸素剤的なもので、
「脱」を目的にしていると思っていたのだけれど、
これらは「蒸散」するのですね。 

ほんでもって、
「あんまり意味はないんだろうな」と思いつつ、
吸着型乾燥剤だろうか品質保持剤だろうが、
ビニール袋に入れるなどして、
水気に触れないようにして捨てていたのだが、
どうやら上記のアンチモールド・テンダーや脱酸素剤は
不燃ゴミとして捨てたほうがいい(場合が多い)らしいのだ。

脱酸素剤といえば、いま手元にエージレスがある。
http://www.mgc.co.jp/seihin/a/ageless/
鉄が錆びる時に酸素と結合する働きを応用したものらしい。
なるほど。中身が鉄粉なら、不燃ごみだな・・・
でも、包装材は可燃ごみなんじゃなかろうか。

鉄系のほか、有機系と言われる脱酸素剤もあるらしい。

ううむ。

こういうものの捨て方が気になるなら、
食品品質保持剤が必要な食品を
あまり買わないようにするのが、
いちばん話は早いのかもしれない。

でも、今回検索してみて、勉強になったし面白かった。

身のまわりのものの仕組みが1つわかると、
安心が1つ得られる。

と同時に、なぜこんなにいろいろな
「食品を守る化学テク」が必要なのか、
ということを考えるきっかけにもなりそう。
・・・だったのだが、
今回はそこまで思いをめぐらせられなかった。
また今度。
 2012.06.26 Tuesday 16:10 キッチンまわり・水まわり permalink  
石灰乾燥剤を生ゴミといっしょに捨ててはいけないことについて

強迫神経症気質のワタシ、
「ゴミ出し」にはけっこう神経を使う。

その神経の使い方はいろいろで、
意味ある使い方と意味のない使い方があるわけなのだけれど、
意味ある使い方のひとつは、「乾燥剤の捨て方」だったりする。

海苔などに入っている石灰乾燥剤は
水気にふれると発熱するので、
生ゴミと一緒に捨ててはいけないというのは
常識だと思うのだけれど、
ならばいっそ水に入れて反応させてから
捨てるという方法もあるらしいということを知っていて、
一度試してみようかと思い、結局実践していなかった。

で、ちょっとやってみようかと思い立ち、
念のために検索して勉強しておこうと思ったのだが、
以下の動画を見て、やっぱりやめようと思った。

http://science.wao.ne.jp/experiment/
recipe.php?contents_no=50765


なぜかというと、袋から出してまで
実験しようとは思っていなかったから。

どうやら乾燥剤の袋は
けっこう考えられて作られているらしく、
そのままどぼっと水に入れても、
水温は急には上昇しないらしい。

しかし、中身に直接水を反応させると、
やはり発熱して温度は急にあがるものらしい。
(自分ではやっていないが)

確かにあの紙がある程度工夫されていないと、
もっと事故は起こっているかもしれないし、
もっと世間の話題になっているかもしれない。
http://www.ohe-chem.co.jp/qa.html#1-10

やっぱりこれまでどおり、
ビニール袋に入れるなどして
水に触れない状態で捨てようと思うのだが、
うちはそれでいいとしても、
ゴミ収集車の中で袋がやぶれて、
他の人の生ゴミとまざったりしないのだろうか?

ちなみに、発熱しないタイプの乾燥剤でも
やっぱり水と触れないようにして捨ててしまう私。
このあたりは意味のない神経の使い方なんだろうな。

ちなみに、乾燥剤は、
化学反応を利用するものと、吸着方式のものがあるらしい。
http://www.ohe-chem.co.jp/qa.html#1-8

なので、化学反応を利用するタイプのものは、
簡単に再利用ができないということになるのだろう。

それにしても、化学反応利用タイプの乾燥剤を
生ゴミと混ぜて捨ててはいけないことを考えたい場合、

CaO + H2O → Ca(OH)2

という化学式だけで考えても、意味がないんだろうな。

CaO + H2O = Ca(OH)2 + 65.2kJ

で考えないと。
http://kinki.chemistry.or.jp/pre/esa-15.html

というところまでわかるのだが、
実際にこの式をみても、数字を見ても、
ちんぷんかんぷんなのであった。

しかし今回このことを調べてみて、少し安心した。
これまでよりも、神経の使い方がまともになる気がした。

 2012.06.18 Monday 11:24 キッチンまわり・水まわり permalink  
炊飯器のない生活にいきなり突入

数日前、お米をセットしようとしたら、
炊飯器がなんだか不穏な動きを見せた。
画面のライトがついたり消えたりする。

ん?と思ってコードをさわってみると、
なんとなぁくバチバチという音が聞こえたような・・・

コードのどこかが接続異常を起こしているのかな?と思って
とりあえずコンセントを抜こうとしたら、
半分抜けかけていた。

なんだぁ、そういうことか〜と思って
コンセントをしっかりさしたのに、
不穏な動きは変わらない。

あらま・・・

この炊飯器は、6〜7年前に親戚からいただいたもの。
おさがりだったけれど、それほど使い込んだ感じはなく、
便利に使わせてもらっていた。

しかし、1点気になることがあった。
どうも消費電力が高いような気がしていたのだ。
というのも、炊飯器を起動させているときに
ブレーカーが落ちることが多いので。

もちろんそのときには、
オイルヒーターなり、乾燥機なり、電子レンジなり、
ほかの電気器具も使っているので、
炊飯器のせいではないのかもしれないけれど、
なんとなぁく炊飯器のウェイトが高いような印象があった。

で、過去には一度、
炊飯器の買い替えを検討したこともあったのだけれど、
なんだかんだで先送りとなっていた。

また、炊飯器なしの生活へ移行することを
検討したこともあったのだけれど、
普段はいいとしても、
お弁当を作らないといけない日の朝など心配なので、
結局、そのまま使っていたのだった。

ということもあり、
炊飯器が不穏な動きを見せたときの私の気持ちは、
「あーあ」が半分、「しめた!」が半分。

何しろ私の場合、
生活に小さな変化が起こってそれが定着しうるのは、
自分で決めたりそうしようと努力したときではなく、
しかたなくそういう状況になったとき、
なしくずし的にそうなったときなので。

その日のメニューは手巻き寿司で、
次の日のお昼のメニューの関係もあって
めずらしく3合もご飯を仕込んでいたのだけれど、
鍋でお米を炊いた経験があるにはあるので、
まあいっちょやってみるかと思って、
関連サイトを参考にしながら炊いてみた。
使う鍋は、麺類をゆでたりするときに使う深鍋。

100点満点ではなかったけれど、
それなりに食せるご飯が炊けた。

なんだ、できるじゃん。

で、その後も鍋でご飯を炊いている。
まだ炊飯器には勝てていない気がするけれど、
失敗することもない。

というわけで、炊飯器なしの生活に突入。
壊れかけている炊飯器は廃棄することにした。
操作部分のカバーが一部はずれていたりして、
もうそんなに長くは使えないかなぁ、
とは思っていたのだけれど、
納得するまで使えてよかった。

もう1つよかったと思うことは、
娘が作った「鍋敷き」がデビューできたこと。
親戚と遊びに行ったお祭りで作ったものらしく、
木の枠の中に、タイルの破片を配して、
石膏のようなもので固めてある。
作品であると同時に鍋敷きらしく、
鍋敷きであると同時に作品だった。

一応、作品なので無碍に捨てることもできず、
かといってわが家では鍋敷きを使う場面もなく、
そのまま娘の机の本棚においてあったのけれど、
このたびめでたく生活の道具になった。

もとの炊飯器の場所にこの鍋敷きを置いて、
ご飯を炊き終わった鍋を置いている。

そうなると、ご飯専用のお鍋がほしいなぁ〜!
などという気持ちもわいてくるきょうこのごろ。

しばらくこの方法でご飯を炊きながら、
検討してみよう。

 2010.12.02 Thursday 19:44 キッチンまわり・水まわり permalink  
大原照子さんの本を読みながら調理道具のチェック
『大原照子のシンプルライフ術』という本を読みながら、
キッチン用品をチェックしてみることにした。

40代で子育て真っ最中でワンルーム親子2人暮らしの私と、
現在70代の料理研究家の大原照子さんの持ちものを
比べるというのもどうかと思ったけれど、
面白いことに、「ちがう」と「ちがう」が重なったせいか、
結果的に種類と数は「ほとんどおなじ」みたい。

たとえば、私と同じ年代で子育て真っ最中だとしても、
3人以上の家族でもう少し大きな家に住んでいる場合は、
調理用具の種類と数もかなり異なると思う。
ママ友の家に遊びに行ったときなどにも、それは感じる。

なお、大原さんは、

  もう、これまでさんざんやってきたから、
  あれこれしなくていい(できない…)

という考えのもと、持ち物をシンプルにしていった結果の
道具の数と種類を書かれておられるので、
“さんざんやっている”頃には、
もっとたくさんの道具を持っておられたのだろうと思う。

<大原照子さんの調理道具>
●鍋は大・中・小の3個
●フライパンは中1個
●包丁1本、ぺティナイフ1本
●まな板は小さめのものを2枚
●ざるは中1個
●ボールは中1個
●やかんは2リットルを1個
●缶切り、栓抜き、ピーラー、おろし器、
 菜箸、お玉じゃくし、しゃもじ、木べらなどを1個ずつ

<私の調理道具>
●鍋は大1個と中2個、すき焼き鍋
●フライパン中1個と、卵焼き用
●包丁1本、ほとんど使わないぺティナイフ1本
●まな板は小さめのものを1枚
●ざるは中1個と柄付1個
●ボールは中1個と小1個
揚げ物用の小さなトレー3個、油切り網、オイルポット
●やかん1個
●缶切り&栓抜き、ピーラー、
 大根&薬味おろし器、角錐型おろし器
 菜箸2組、お玉じゃくし2本、しゃもじ2本、
 木べら、ゴムべら(小)、フライ返し、茶こし
 あわだて器ミニあわだて器ホットケーキ用枠

こういうチェックをするといつも思うのだけれど、
「そんなにもってない」つもりでも、
書き出してみるとけっこうな数になるもんなんだなぁ〜

青字の部分が、大原照子さんより多い。
なくても困らないものもいくつかあるが、
あってもじゃまにならないので、現状維持にしよう。

少ないのはまな板1枚分。
加熱せずに食べる食材用のものを
別に1枚もったほうがいいのかなぁとこのたび思った。
ただ、うちの娘は生野菜をまったく食べないので、
サラダをつくることは皆無に近く、
たまにりんごを切る程度。

そういえば、子どもが幼稚園のとき、
卵焼きを切るときには、
洗ったまな板をキッチンペーパーでふいて、
その上にサランラップをかけて、切ってたっけ。

いまはお弁当をつくるのは遠足など行事のときだけで、
そういう作業をするのは年に数回。
しばらくはこのままでいいかな。

調理道具を確認するついでに、
例のごとくエクセル入力をしてみて、
置き場所も書き入れていたら、
ぺティナイフとホットケーキ枠の置き場所を
なぜここにしているのだろう?
という疑問がわいてきて、
他の調理道具の置き場所といっしょにしてみたら、
なんだかすっきりした。
そっか、こういう効果もあるんだな。
 2010.01.26 Tuesday 08:33 キッチンまわり・水まわり permalink  
白いシンプルなアクリルたわし/手作り編
そんなこんなで、
購入したアクリルたわしを気に入って使っていた。
あいかわらず合成洗剤も使っていたけれど、
その消費量はずいぶん減ったと思う。
エコロジーや節約の視点ではなく、
買い物メモに「食器用洗剤」と書く機会が減ったことが
うれしかった。

ちなみに、水道の横長のパイプ部分に
白いS字フックをつけたらカチっとはまったので、
そこにアクリルたわしを吊るしている。

オフホワイトなので汚れが目立つが、
逆に、汚れの度合いがよくわかる。
油汚れ用のものを別に用意してはいなかったので、
併用したり、汚れてきたら一時的に2枚使いにしたり。
油汚れ用にブラウンを使うのもいいかもしれないな、
と思った。

そうこうするうち、
まとめ買いしたたわしのストックがなくなったので、
また注文しようと思ってrokaさんのショップに行ってみたら、
販売休止中とのこと…しまった!
(現在は再開しているようです)
ほかのお店をさがくべく検索を続けるが、
地味な色でシンプルな形をしていて、
値段的にも納得できるアクリルたわしが
どうしても見つからない。

しかたない、自分で作るか。

というわけで、ようやくアクリルたわし製作を始める。
かぎ針はうちにあったので、
とりあえず白いアクリル毛糸を買ってきて、
その少し前に買っていた、
ナチュラルクリーニングの本や
関連サイトで紹介されている編み方などを参考にして、
がんばって編んでみる。
いや、実のところ、ほとんど参考にできていない。
編み方を読んでもその通りに再現できないし、
かな〜り自己流になってしまった。

その結果、円形にならない!!

こんな感じ…↓


どうするよこれ。てれちゃう

中心から外側に編んで円形を作る=1周分の目数が増える、
のだから、目を増やしていかなくちゃいけないんだよな…

で、試行錯誤の結果、なんとか円形に編めるようになった。
まだ少しそっくりかえってしまうけれど、
ようやくこのくらいには編めるようになった↓


なお、正方形型や長編みで編んだりもしてみたが、
いわゆるコマ編み?細編み?の繰り返しで
目をつんで編んでいく直径10cmくらいの円形が、
いちばん使いやすいという結論に達した。
あとは精進を積むのみだ、うん。

ちなみに、記念すべき最初の失敗作は、
ぬいぐるみに帽子としてプレゼントした。


 2010.01.12 Tuesday 08:28 キッチンまわり・水まわり permalink  
白いシンプルなアクリルたわし/購入編
世の中にアクリルたわしが出回るようになって、
どのくらいになるだろう?

昨年の6月くらいまで、
アクリルたわしに特に興味はなかった私。

しかし、使う機会はあった。
たぶん、実家から送られてきていたのだと思う。
茶碗洗いが大好きな母親が、
様々な色や形のアクリルたわしを編んでは、
何かの荷物といっしょに
私のところにも送ってきていたような記憶がある。
アクリルたわし編み機を買ったという話も
きいたことがあるようなないような。

とりあえずもらったものは使っていたが、
特に便利と感じたことはなかった。
スポンジで泡だらけで洗いたいタイプだったので。

そんな私がなぜアクリルたわしを使うようになったのかというと、
ここ数年、手指の荒れがひどくなり、
一部の指の爪は変形してしまって、
洗剤を変えたほうがいいのではないか、
と思うようになったのがそもそものきっかけだったと思う。
また、場所別洗剤をやめたいという希望もあった。

そしてナチュラルクリーニングに興味をもつようになったのが
洗濯用粉石鹸は1袋使用してあっさり挫折、
食器洗いも結果的に合成洗剤を使っているし、
かろうじて重曹とクエン酸を使うようになった程度。
で、ようやくアクリルたわしにのりだしたしだい。
ただし、合成洗剤はあいかわらず使っている。

10代や20代のころ、
棒針でマフラーやセーターを編んだことはあるが、
かぎ編みにはまったく自信がなかったし
勉強する気持ちもなかったので、
アクリルたわしを購入することにした。

そのときに利用したのは、ネットで見つけた
アクリルたわしのお店roka さん(だったと思う)。
オフホワイトやベージュ、ブラウンといった地味な色で、
シンプルに編んだアクリルたわしが気に入って、
いくつか注文させていただいたのだった。
なお、現在と当時とでは、基本路線は同じだが、
ほんの少しデザインが異なっているような気がする。
色と種類も少し増えたかな?
到着してみて、ほんとにきれいに編んであって、びっくりした。

考えてみれば、私はアクリルたわしに対して、
カラフルで様々な形状をしている、
という印象をもっていたのかもしれない。

しかし、アクリル毛糸を使えばアクリルたわしなのだから、
何も形に凝ったり色を変えたり模様を編む必要はないのだ。

もちろん、形に凝ったり色を工夫したりする気持ちはわかる。
日常使うものだしよく目に触れるから、
いつも同じものではつまらないだろうし、
見た目にかわいいほうが楽しいだろう。
手芸品っぽいものでもあるので、
いろいろと遊び心もわいてくるだろう。

でも、私はなんの変哲もないたわしが欲しかった。

アクリルたわしを「購入する」というのは、
ある意味、邪道かもしれない。
でも自分の場合、絶対に買ったほうが早いと思っていた。
作るより割高になるのも必至だが
(でないと売り物にはならないわけで)
それでもまったくかまわなかった。

(つづく)
 2010.01.11 Monday 07:52 キッチンまわり・水まわり permalink