歯列矯正、保定期間3年めの状況
久しぶりに歯列矯正の話をば。

 カテゴリー名が「40代の…」になっておりますが、
 昨年、50歳になりましたです〜

矯正を始めたのが2008年の夏、44歳のとき。
ブラケットがはずれたのが2012年11月、48歳のとき。
そしてリテーナーによる保定期間が3年目となる。

保定期間のはじめの1年は、
食べるとき以外は24時間装着が基本。

次の1年は夜寝るときだけでOK。

しかし、どうも上の前歯の左側が
もとにもどろうとしているらしく、
上だけまた24時間装着になった。

点で接している部分に余計な力がかかっているらしく、
再びきれいに並んだら、点の部分を少し削るとのこと。

ところが不真面目な私、
起きている間はほとんどリテーナーを装着していなくて、
次の段階にうつれそうにない。

それよりも何よりも!

11月の一般歯科の検診で異常ナシだったのに、
12月のある日、急に歯が痛くなったのでございます。

夕方、めずらしくりんごをおやつとして食べたとき、
別に鉄製のりんごを食べたわけじゃないのに、
食べたあと右上の歯のどこかがみょーに痛くなったのだ。

しばらくするとおさまったが、夕食後にまた痛む。

どこが痛いのかよくわからないような痛み方で、
強いていえば、右の上の外側が痛い。

かみ合わせの問題かもしれないと思い、
まずは矯正歯科に行ってみた。

コンコンと歯をたたかれると、右下が痛いことが判明。

で、かみ合わせを調整することはしてもらったんだけど、
結局、これといった原因がわからず、
もしかしたら歯そのものの問題かもしれないので、
念のため一般歯科に行ってみてください、
ということになった。

痛いのは右下6番だということもはっきりした。

矯正歯科で刺激が加わったせいか、
右下6番の痛みが増して、
そのあと痛みに途切れがなくなり、
痛み止めなしではいられない状態に。

一般歯科で診てもらったところ、
もともと神経ぎりぎりまで治療をしていた歯が、
限界にきたということのよう。

こんなに急に限界がくるんですねぇ…

なお、約1年半前に治療した歯で、
外から虫歯になったとか、
そういうことでもないらしい。

で、神経を抜くことになったしだい。

神経を抜くとなると、けっこう日数がかかるですよね。

あと1回で終わりなんだけど、
歯1本で計7回通うことになった。

リテーナーは不真面目だけど、
検診と歯磨きはきわめて真面目な私。
(こわがりだから)

が、足しげく歯医者さんに通っても、
毎日、歯磨きやフロスをしていても、
痛くなるときには痛くなるんだなぁと、
あきらめの境地。

でも、痛くなったのが年末年始じゃなくて、
本当によかった。

 2015.01.10 Saturday 10:00 40代の歯列矯正 permalink  
一般歯科の検診で、寿命と矯正についての話をきいた。
と言っても、
歯列矯正をすれば寿命が延びるとか、
そういう話ではありませぬ。



約5年前に歯列矯正を始め、
約1年前に保定期間に入った私は、
現在は夜、寝るときだけ
リテーナーを着用している。

ほんとは、寝るときだけじゃなくて、
家にいるときだけという指示だったので、
それならば私は一日中つけていてもいいわけだが、
結局、寝るときだけしかつけていない。

はめるときちょっときつくても、
起きたときに違和感はない。
つまり、昼間、少し動きかけていた歯が、
寝ている間にもとにもどるのだろう。

たぶん、1つ1つはミクロン単位の話なんだろうと思う。

で、一般歯科の検診にも定期的に行っているのだが、
先日、院長先生とこんなおしゃべりをした。

リテーナーは、
歯が安定して矯正が完全に終われば
はずしていいわけなのだけれど、
矯正後にまた歯が動くという話はよくきくし、
それはもったいないので、
夜だけはずっとつけることにしようかと思っている私。
(矯正の先生ともその話はしている)

ということを伝えたら、
先生の娘さん(19歳)も、
早めに矯正を終えたのだけれど、
リテーナーをはずしたら、
またちょっと動きつつある感じがする、
あれはもうお手入れの範囲内かもしれない、
という話をきかせてくださった。

そこで私は、最近の疑問を先生にぶつけてみた。

「あの、私、最近思うんですけど、
 そうまでして動きたい事情が、
 歯にあるのかな…って」

そうしたら先生は、歯というものは、長い時間がたつと、
どうしても前へ動いてしまうものだということを、
レントゲン写真を使って説明してくださった。

奥歯が上下まっすぐに生えて
平たく噛みあわさっているわけではないので、
どうしても少しずつ前に動いてしまうのだそう。

「だとしたら、矯正って、
 自然に反することなんでしょうかね?」

という内容のことを重ねて質問すると、
先生いわく、寿命をどう考えるかだ、と。

ほんとに少しずつしか動かないから、
50歳、60歳が寿命だったら
不都合も生じないのかもしれない。

しかし、80歳まで生きられるのがあたりまえになったら、
昔はやらなかった50代矯正というのも
アリになってくるのだろう。
50代で前歯だけいったんそろえて…
ということもあるらしい。

そういえば私も矯正を始めるときに、
老後の相談もしたのだった。

歯が動いてしまうのは、
動くことがいいからではなくて、
どうしても動いてしまうものであり、
でもそれは寿命のあいだに少しずつ動くので、
生命としては不都合がなく
予定期間内のことなのかもしれない。
そして寿命がのびると今度は、
歯が動くスピードのほうが速い、
ということに相対的になっていくのだろう。

姜 尚中 『悩む力』---「老い」について
で、かつてこんなことを書いた↓
最近、思うんですよね。「老い」をなめちゃいかんのじゃなかろうかって。食習慣や医療や文化が変わっても、人間の身体そのものの生物的な耐性は、それに見合うほどは変わらないのではないのだろうかって。その結果、かなり身体に無理をさせて、私たちは老いを生きることになるのではなかろうかって。
中年以降の歯列矯正は、
(平均)寿命にあわせてパーツの耐性をのばすための
ひとつの手段なのかもしれない。
 2014.01.28 Tuesday 15:18 40代の歯列矯正 permalink  
40代歯列矯正、保定期間1年め終了
「40代歯列矯正…」とタイトルを書いていて、
びみょーな気持ちになった私は来年50歳。

歯列矯正を始めてはや5年あまり。

ブラケット&ワイヤーをつけた4年間を経て、
去年の11月からリテーナーに変わり
1年たったので、もう外出時は
リテーナーをはずしていいことになった。

   が。

   実は。

基本、24時間装着のはずのリテーナーを
日中ほとんどはずしている状態になっていた
きょうこのごろ〜汗

でも、そんなこと先生には言わないのさっ

矯正歯科の先生にとっておそらく私は
真面目で心配性で神経質な人なので(どうだろ!?)
そんなことになっているとは
思っておられないだろう。

だけど、バレないくらいには
動いていないということだと思うので、
オッケーとする。
っていうか、もういまさらどうしようもないしー

とりあえずいまのところ、
リテーナーをつけずに眠った、
ということは1度もない。

あと、壊したり紛失したりもしていない。

ただし、一般歯科での虫歯治療で
リテーナーがあわなくなったことがあって、
そのときには調整してもらった。

保定期間に入るときに言われたのだけれど、
もう来なくなっちゃう人もいるらしい。

ですよね〜〜
ブラケットがついている間は
そういうわけにはいかないから、
がんばって通うけれど、
リテーナーはすぐにはずせるから、
はずしちゃったら普通の歯だし、
もうきれいになってるし、
億劫になっちゃいますよね。

でも、ちゃんとリテーナーを使って、
定期的にチェックしないと、
また動いてしまって、
もったいないことになるわけであり。

私の場合、
娘も部分的な矯正でお世話になっているので、
結局、ずっと通っているような状況。

リテーナーに移行したばかりのころは、
せっかくきれいに並んだ歯が
また乱れてしまうのではないかと思って、
1ミリにも満たないズレを気にしていたりしたが、
しばらくたつと、
「そんなに動きたいとしたら、
 歯に何か動きたい事情があるかもしれない」
とかわけのわからないことを考えるようになって、
あんまり気にしないようになった。

どっちにしろ、
いちばん最初の状態にもどるってことは
ありえないだろうし。

でもやっぱり、
できるだけきれいな状態をたもちたいので、
せめて夜だけは、
しっかりとリテーナーをつけて
眠るようにしようと思ってる。

なお、まだ見ていないんだけど、
治療経過の写真をおさめた
CD-ROMをいただいている。

いつかその経過をゆっくりながめて、
お金をかけただけのことはあると、
自分にいいきかせようと思ってる。

 2013.12.14 Saturday 11:26 40代の歯列矯正 permalink  
歯列矯正の仕上げの前に、一般歯科にて
歯列矯正をはじめて約4年半。
昨年11月にようやくブラケットがはずれ、
リテーナーによる保定期間に入っている。

 でも、結局、娘も部分矯正をすることになったので
 (>ねじれて生えてきた歯の矯正の件
 ひきつづき月1回、通うことになった。

で、リテーナーをまじめにつけているかというと、
びみょーー・・・
っていうか、ぶっちゃけ不真面目。

夜はだいじょうぶなんだけど、
昼間は、食事をしたあと、
そのままの状態・・・ということがしょっちゅう。

あと、うちにいると、
なんやかんや食べてるし飲んでるし・・・

まあでも、いまのところ、
リテーナーがはまらないくらい
乱れてきているということはない。


とはいえ。


予想されていたことなのかどうかはわからないが、
3ヶ月めの検診のときに、
右下の6番の隙間が開きすぎているということで、
一般歯科で治療を受けることになった。

矯正が終わった直後も、フロスの感触からして、
そこの隙間は大きめだとは思っていたのだが、
隙間が広がっちゃったのかな?

その歯には詰め物がしてあり、
矯正前に詰めたものだから、
矯正後に不都合が生じたというのもあるだろう。
(話にはきいていた)

だから、矯正でなんとかするものでもないらしい。

で、特に虫歯というわけではないのだが、
詰め物を少し大きくして、
隙間をふさごうということになった。

お手紙をもって一般歯科へ。

そしたら、右下の8番に小さな虫歯が見つかり、
7番もあやしいということで、
6、7、8番を治療することになったしだい。

あらま〜〜な状況ではあるが、
私としては、特に虫歯でもない6番を
隙間のために削るというのにやや抵抗があったところ、
(矯正歯科の先生も、よろしければ・・・という感じだった)
そのおかげで、
あとの2本の虫歯がわかったのだと思うと、
ありがたいことではある。

が。

8番というのはつまり親不知であり、
しかもこれは神経を抜いていて、
その後も治療した歯で、
今回の治療でさらに深くなり、
保険適用外の治療になり、
34,650円とんでいったのよぅ・・・

値段をきいたときには、ひえ〜〜と思ったのだが
うちに帰って、あれこれ調べたら、
保険適用外の歯科治療の値段にびっくりし、
逆に、保険が適用されているときのことを考え、
なんだかんだで納得した。

ほんでもって、土台を埋めたときに、
歯茎がじゃまだとわかり、
麻酔して歯茎も切ったのよ〜〜
(治療中はもちろん、なぜか麻酔がきれても
痛くなかった・・・)

こういう状況なら、
抜くという道もあったのだが、
私の場合、もともと親不知の生え方に
4本とも問題がなく、かみ合っていて、
さらにもう矯正を終えたわけであり、
その際に5番を抜いているので、
このうえ親不知を抜くと、
喪失感が大きいそうで。

まあ、せっかくだから、
今回はしっかり治療してもらうことにした。

神経を抜いたのが20年くらい前で、
前の大きめの治療が10年くらい前だから、
今度も10年くらいはもつかな?
(お手入れしだいでしょうか)

しっかし、歯って大事だわ・・・

そして、必要が生じたときに
歯医者さんに通えるこの状況(スケジュール)は、
ありがたいわ・・・
 2013.04.10 Wednesday 16:45 40代の歯列矯正 permalink  
歯列矯正、リテーナー期に移行

微調整に時間がかかっていた歯列矯正。

ようやくブラケットがはずれて、
きのうからリテーナーによる保定期間に入った。

ここにくるまでに4年かかりました。

私のリテーナーはワイヤーのもので、
内側に歯茎の形にそって
プラスチック(ピンクの透明)がついている。

ブラケット&ワイヤーをはずすと
歯がまた動いてしまうので、
それが動かないように固定する装置。

これを1年間、
食事と歯みがきのとき以外
ほぼ24時間装着する時期を経て、
そのあと1年間は、
家にいるときにつけるだけでいいらしい。
すなわち、すべて終わるには
最低あと2年間はかかるということになる。

でも、今後は、これまでのように
月1回矯正歯科に行く必要はないので、
負担はだいぶ減るだろう。

ちなみに、リテーナーは、
壊れてしまうと新しく作るのに
2万円かかるとのこと。
丁寧に扱わなくちゃ。

それにしても、ほぼ24時間口のなかに入れて
長期間耐えられるってことは、
金属もプラスチックも
それなりのものを使っているのでしょうね〜

 2012.11.21 Wednesday 18:52 40代の歯列矯正 permalink  
40代の歯列矯正、長引いております。

4年前に始めた歯列矯正、
まだブラケットもワイヤーもついたまま。

当初、2〜3年で終わるでしょうと言われ、
病院のサイトにも平均2年と書いてあるのだが、
なんのなんの、もう丸4年。

ワイヤーがはずれても
リテーナーによる保定期間があるはずだから、
全部終わるまでにまだまだかかるのだろう。

平均より長引くだろうことは予想していたが、
けっこうかかるのねぇ・・・

途中までは好調だったのだが、
微調整に入ってからが長引いている。
小さな隙間がなくなるのを待ったり、
上下の噛み合わせを整えたり。

このあいだはたまりかねて、
「私にできることはないですよね?」
なんて聞いてしまった。

だって、私自身は何もしていないから・・・

先生も、「すみません」とつい口にされて、
どうしても動かない場合の
対処の方法などを教えてくださったのだが、
いや、別にすごくいそいでいるというわけでもなく、
自分のことなのに何もしていなくて、
先生と歯自身にまかせている状況がなんだか不思議で、
つい、きいてしまったのだ。

矯正のスピードを速めるための
日常生活の送り方とか体操とか、
そういうこともきっとないのだろうし・・・

できることといえば、ケアすることと、
待つことなのだな。

がんばろう。

 2012.08.30 Thursday 15:28 40代の歯列矯正 permalink  
歯列矯正3年半、まだワイヤーはついている
歯列矯正を始めて3年半、
まだブラケットもワイヤーもしっかりついている。

だいぶそろってきているのだが、
あと2箇所、隙間が閉じるのを待っているところ。

このあいだ一般歯科で2年ぶりにレントゲンをとったら、
根の部分も含めてずいぶんと変化していて、
確かに歯は動いたのだなぁ、としみじみと思うことであった。

矯正装置がついた状態での歯のお手入れにもなれてきて、
一般歯科の検査でもほめてもらえるようになった。

いま担当の歯科衛生士さんは矯正の経験者だそうなのだが、
装置がはずれると、かえって変な感じがするのだとか。

そうなんだ〜 でも、わかる気がする・・・

でも、ちょっとしたら、また慣れるんだろうな。

ワイヤーがはずれても、
固定のための期間があるので、
矯正はまだまだ続く。

ま、ここまできたんだから、気長に行くさ!
 2012.02.02 Thursday 11:14 40代の歯列矯正 permalink  
歯列矯正2年4ヶ月め
歯列矯正を始めて、はや2年4ヶ月。

予定より時間がかかっているみたい。

最初の1年くらいは目に見えて歯が動いていたけれど、
もはや、何がどう動いているか素人にはわからず。

ただ、歯と歯の間に隙間があいているのはわかるので、
まだまだ時間がかかるだろうということは予測できる。

今年の夏に右上8番に小さな虫歯が見つかり、
サフォライドでとめてもらっていたのだが、
矯正ではその歯にもブラケットをつけたい時期らしい。

矯正の先生の推測では、
サフォライドがぬられたのは、
かみ合わせ部分ではなかろうか、とのこと。

それとは別に隣接面にも虫歯ができているもよう。

でも、かみ合わせ部分ならすぐ治療ができるので、
治療をせずに矯正待ちになっているということは、
一般歯科の先生は隣接面の虫歯にも気づいているのだろう、
あした行くので確認してみますとのこと。
(ちなみに、私がお世話になっている
一般歯科と矯正歯科は、連携している。)

矯正中に虫歯ができないようにと願っていたけれど、残念。

はやくブラケットをとれる状態になって、
虫歯の治療を終わらせたいなぁ。

がんばれ〜〜 歯たち〜〜

持ち主である私はなんにもできないよ〜〜

それにしても。

歯列矯正歯科の最寄り駅で電車を降りて歩いていると、
矯正を始めたばかりのころを思い出す。
あの背筋をのばして風をきって・・・まではいかないが(^^;
なんとなくポジティブに自分をもっていこうとする感じが懐かしい。
そういう自分だったから、
矯正という大仕事を始める気になったのだと思う。

あのころからすると、今の私、ちょっと弱っているな。
矯正と同様に、すぐに変えられない部分があるのだから、
変えられる部分を変えていかなくては。

JUGEMテーマ:健康 
 2010.12.21 Tuesday 14:16 40代の歯列矯正 permalink  
歯列矯正、3年めに突入
早いもので…というか、
それなりの長さがあったというか、
歯列矯正を始めて丸2年が経過した。
とにかく最初の半年が長かったような気がする。

いまはどういう状態かというと、
上と下の噛み合わせを調節しつつ、
まだある隙間が詰まるのを待っているところ。

矯正歯科医院に行くのは月1回、4週おきくらい。
親不知をのぞくすべての歯にブラケットがついていて、
全体にワイヤーが張られ、
先生が助手の方に指示する言葉から察するに、
サニタイ、エフエム、コバヤシフックなるものが
使われているらしい。
あとは顎間ゴムを毎日取り換えている。

先日、ほぼ1年ぶりに、
インプラントアンカーのための金具がはずされた。
超音波で(おそらく金具の端を)削ってはずしていた。
埋め込んだスクリューはそのまま。

「どうですか? これがなくなるとだいぶラクですか?」
と声をかけられて「はい」と答えたものの、
実はあまりラクになったという実感がなかった。たらーっ

慣れというものはこわいもので、
いや、こわいというかありがたいもので、
もはやその金具は私の一部になっていたらしく、
金具がなくなると、スクリューに直接舌があたって、
(あてようとしなければあたらないのだけれど)
なんとなく逆に違和感があるような気もした。
でも、数日すればまたこれが普通の状態になるのだろう。

調整後の歯の痛みも以前と違ってほとんど感じないし、
奥歯の噛み合わせがそろってきて、
噛むときの違和感もなくなってきたし、
歯のお手入れにも慣れてきたし、
さすがに2年間付き合ってくると、
歯列矯正の状態がすっかり日常になっている。

ブラケットがはずれる日をとても楽しみにしていたのに、
はずれてかえって違和感があったらどうしよう…
なんて気がはやいことを考えてみたり。

なお、このあいだ一般歯科の検診で、
右上8番に小さな虫歯が見つかったのだけれど、
いまは矯正装置がばっちりついていて治療しにくいので、
進行止め(サフォライド)で進行を遅らせて、
様子を見ようということになった。
40も後半になって、
娘がお世話になったサフォライドに
私もお世話になる日がくるとは。
場所からして、
たぶん矯正のせいで虫歯になったのではないと思う。

でも、矯正装置をつけていることのリスクは、
やはり高いのだろう。
装置がはずれるにはあと1年、
矯正が終わるにはあと2年かかるつもりでいよう、
と勝手に覚悟しているのだが、
歯のためには早くはずれるのにこしたことはないのだと思う。

がんばれ、歯たち〜〜
 2010.09.10 Friday 17:48 40代の歯列矯正 permalink  
歯列矯正、顎間ゴム登場
歯列矯正を始めて1年9ヶ月。

順調なのかどうなのかよくわからないけれど、
たぶん順調なのだろう。

先日は、「えらくアイテムが投入されているなぁ〜」
と思いながら口をあけていたのけれど、
どうやら顎間ゴムをつけるための金具を装着していたもよう。

顎間ゴムというのは、直径数ミリ程度の小さな輪ゴムで、
上の歯の金具と、下の歯の金具にかけわたすことで、
噛み合わせをよくしようというものらしい。
新たに専用の小さな金具をつけたところが3ヶ所と、
もとのブラケット用金具を利用するところが1ヶ所。

「はじめてでしたっけ?」ときかれるところをみると、
わりとポピュラーなものであるらしい。

検索によってもそれはわかった。

 何しろ、いろいろな方が、
 歯列矯正の詳しい体験談をブログに書いておられるので、
 時々検索しては読ませていただいている。

基本的には24時間装着なんだけど、
食べるときや歯磨きのときにははずすので、
鏡を見ながら装着の練習をした。

最初は、「えーこんなちっこいのを取り外しするの〜!?」
と思ったものだったが、
先生が「すぐに慣れますよ」とおっしゃっていたように、
すぐに慣れた。
指先の感覚ってすごいな。

 ただし、つけはじめて数日間は、
 取り外したあとゴムをよくなくした。モゴモゴ

ゴムはすぐにのびるので、毎日取り替えるものらしく、
袋にたくさん入っているものをもらってきた。

1〜2ヶ月でかみあわせが合ってくるらしい。
がんばれ、歯たち〜〜
 2010.05.12 Wednesday 12:11 40代の歯列矯正 permalink